トップ >プロフィール

著書一覧

95年にインターネットを始めた頃は思いもしなかったことですが、このサイトをきっかけにいろいろ世界が広がりました。
雑誌の取材、雑誌の連載、出版、新聞の取材、新聞の連載・・・・・
すべてこのサイトを始めて以降の出来事です。
まるで無名で、出版社などにもなんのコネもなく、どこにも発表の場を持っていなかったボクがここまでやれたのも、すべてインターネットというこのメディアのおかげ。
いまこのページを見てくださっているアナタも例外ではないかもしれません。
ということで、タナボタな出版物、そして連載をご紹介します(連載一覧は下の方)。
出版物は上に来るほど新しい本になります。


極楽おいしい二泊三日

nihakumikka2.jpgさとなお著/文藝春秋/1667円/amazon

二泊三日で旅をするならご飯のチャンスは7チャンスしかない(昼夜朝昼夜朝昼)。その7チャンス、すべてハズしたくない!
全国15都市にわたって、その地を二泊三日するならどの店に行くのがベストか、を書いてみた本です。
くわしい内容はこちらをご覧ください。

2010年6月10日発売

明日の広告 〜変化した消費者とコミュニケーションする方法

明日の広告佐藤尚之著/アスキー新書/743円/amazon

初めての本業(広告)書き下ろしです。ですので「さとなお」ではなく「佐藤尚之」で出しました。
未来すぎない「明日(あした)」の広告の話を、現場のクリエイティブ・ディレクターとして、わかりやすく書いてみたつもりです。
くわしい内容はこちらをご覧ください。

2008年1月25日発売

沖縄上手な旅ごはん(文庫版)

沖縄上手な旅ごはん表紙さとなお著/文春文庫PLUS/600円/amazon

2003年に文藝春秋から出した「沖縄上手な旅ごはん」の文庫化です。JTAの旅サイト「美ら島物語」に連載していたコラムを、大幅加筆修正&書き下ろしを加えたものです。単行本とほとんど内容は変わりません。あ、単行本の方が写真が大きくてキレイ。
すぐ行く人も、いつか行く人も、沖縄旅行のお供にどうぞ。
くわしい内容はこちらをご覧ください。

2005年6月10日発売

人生ピロピロ

人生ピロピロさとなお著/角川文庫/514円/amazon

不定期日記「雑談な日常」を中心にした初のエッセイ集です。書き下ろしもいろいろ入ったおかしくも哀しいサラリーマン・エッセイ。
くわしい内容はこちらをご覧ください。

2005年3月25日発売

沖縄上手な旅ごはん

沖縄上手な旅ごはん表紙さとなお著/文藝春秋/1429円/amazon

JTAの旅サイト「美ら島物語」に連載していたコラムが、大幅加筆修正&書き下ろしを加えて、単行本になりました。
「那覇二泊三日、究極なる旅ごはん」など、 わりとガイドに徹した作り。すぐ行く人も、いつか行く人も、沖縄旅行のお供にどうぞ。
くわしい内容はこちらをご覧ください。

2003年6月30日発売

沖縄やぎ地獄

沖縄やぎ地獄表紙さとなお著/角川文庫/533円/amazon

3年まえにコスモの本から出した単行本「胃袋で感じた沖縄」の文庫化です。題名は変えましたが、内容はほぼ一緒です。帯は椎名誠さんに書いていただきました。
くわしい内容はこちらをご覧ください。

2002年9月25日発売

うまひゃひゃさぬきうどん(文庫版)

うまひゃひゃさぬきうどん(文庫版)表紙さとなお著/光文社知恵の森文庫/533円/amazon

3年半まえにコスモの本から出した単行本「うまひゃひゃさぬきうどん」の文庫化です。
内容的には「うまひゃひゃ周遊ガイド」がページ数の関係でカットされています。単行本の方が内容は充実しています。でも、小さいので、香川旅行に最適です。
くわしい内容はこちらをご覧ください。

2002年5月15日発売

ジバラン・フレンチレストラン・ガイド(文庫版)

ジバラン フレンチレストラン・ガイド(文庫版)表紙ジバラン審査団著/光文社知恵の森文庫/590円/amazon

ボクが団長を務めているレストランガイドジバランが文庫本になりました。
文庫とはいえ、98年11月に日経BPから出した単行本の文庫化ではなく、書き下ろし。ほとんどのレストランに新たに行き直し、内容もコラムも大幅更新。座談会や各メンバー紹介もあります。
くわしい内容はこちらをご覧ください。

2001年11月15日発売

さとなおの自腹で満足!

さとなおの自腹で満足!表紙さとなお著/コスモの本/1600円/amazon

朝日新聞に連載していた「関西のおいしい店紹介コラム」です。
ボクが食べ歩いた約500店のおいしい店リストも掲載。関西地方の方や旅行(帰省)の予定がある方にオススメします。
くわしい内容はこちらをご覧ください。

2001年4月20日発売

胃袋で感じた沖縄

胃袋で感じた沖縄表紙さとなお著/コスモの本/1500円/amazon

書き下ろしの「沖縄食べまくりエッセイ」です。
沖縄そばをはじめ、チャンプルー、ヤギ汁、豆腐よう、タコライス、
など、沖縄料理についていろいろ書いてます。
くわしい内容はこちらをご覧ください。

1999年6月26日発売

ジバラン・フレンチレストラン・ガイド

ジバラン・フレンチレストラン・ガイド表紙ジバラン審査団(代表さとなお)著/日経BP社/1500円/amazon

厳密に言うとボクの出版物ではありませんが、一応。
ボクが団長を務めているジバランが本になりました。
くわしい内容はこちらをご覧ください。

1998年11月26日発売

うまひゃひゃさぬきうどん

うまひゃひゃ さぬきうどん表紙さとなお著/コスモの本/1500円/amazon

ホームページ内の1コーナーが出版社の目にとまりました。
香川県ではベストセラーの2位まで行っています。1万2千部を突破して、現在4刷発売中!
くわしい内容はこちらをご覧ください。

1998年10月26日発売




対談・解説など一覧

戦略PR

戦略PR 空気をつくる。世論で売る。 (アスキー新書 94)本田哲也著/アスキー新書/743円/amazon

この本の最終章で著者本田さんと対談させていただいています。
拙著「明日の広告」の続編に当たる内容を持つ本書。これからのパブリック・リレーションズについてわかりやすく解説した一冊です。
さなメモでも少し言及しています。

2009年1月13日発売

広告も変わったねぇ

広告も変わったねぇ。「ぼくと広告批評」と「広告の転形期」についてお話しします。天野祐吉著/インプレスジャパン/1764円/amazon

天野祐吉さんの本で対談させていただいています。
広告界の大御所に交じっていったい何を話せばいいのか、あの緊張はいまでもリアルに思い出せますね。ボク以外の対談者は、順に、杉山恒太郎さん、中島信也さん、伊藤直樹さん、谷山雅計さん。
さなメモで少し言及しています。

2008年11月28日発売

文学的商品学

文学的商品学 (文春文庫 さ 36-6)斎藤美奈子著/文春文庫/630円/amazon

恐れ多くも、斎藤美奈子さんの巻末解説を書かせていただいています。
世に「毒舌文芸評論家」と怖れられている切れ者、斎藤美奈子さんの「解説」をするという神をも恐れぬ仕事を、魔が差して受けてしまった結果です。機会があったらご笑覧ください。
さなメモで少し言及しています。

2008年2月8日発売




連載・寄稿一覧

雑誌「Oggi」にてコラム「さとなおの 明日を変える言葉」連載中!

oggi0804.gif

2007年2月から1ページ連載中。
ちょっとへこんだり、
ちょっと希望が持てなくなったりしたときに効く
いろんな言葉の紹介エッセイ。
このサイトの「オサニチ」に近い内容です。
イラストは中川ミナさん。


雑誌「CREA Traveller」にてコラム「2泊3日のうまうま旅」連載中!

traveller0704.jpg

2006年12月から連載中。
その土地に2泊3日の旅をするなら、
食べるチャンスは7回ある(昼夜朝昼夜朝昼)。
その7回、いったいどの店に行けば最高の旅になるのか、の店紹介。
那覇、札幌、軽井沢、NY、京都など、
旅したい街のおいしい店を2泊3日の流れで紹介しています。



その他の連載一覧

  • 雑誌「Oggi」にてコラム「さとなおの 明日を変える言葉」連載(08年2月号~)
  • 雑誌「CREA Traveller」にてコラム「2泊3日のうまうま旅」連載(06年12月号~)
  • 地域紙「朝日ファミリー」にてコラム「江戸っ子なのに関西贔屓」連載(07年7月~10月全10回)
  • 雑誌「婦人画報」にてコラム「ごはんのはんりょ」連載(06年1月号~12月号)
  • nikkei-bp.netにて「男のための昼メシレベルアップ作戦」を連載(05年4月~06年2月)
  • JTA「美ら島物語」にウェブ上で連載(01年7月~)
  • IRIのメルマガに連載(02年2月~)
  • 「週刊金曜日」本の広場への連載(00年2月~3月)
  • 「朝日新聞」夕刊コラム「さとなおの自腹で満足!」連載(99年4月~00年9月)
  • ジバランの、雑誌「Men's EX」への連載(98年1月~99年6月)
  • 雑誌「Yahoo! Internetguide」での連載(96年4月~97年3月)

寄稿・単発コラムなど


  • 雑誌「週刊文春」文春図書館にて「アメリカのパイを買って帰ろう」(駒沢敏器著/日本経済新聞出版社)を書評(09年7月2日発売号)
  • クリエテ関西月刊「あまから手帖」にて「巻頭エッセイ」(08年6月号)
  • 集英社月刊「エクラ」沖縄特集にて「進化する沖縄そば」(08年5月号)
  • 日経BP社「日経レストラン」特集「クチコミ」にてコメント(08年3/1号)
  • 文庫本「文学的商品学」(斎藤美奈子著/文春文庫)にて巻末解説(08年2月発売)
  • プレジデント社月刊「プレジデント ファミリー」特集「考える子が育つ贈り物100連発」にて「娘の背伸びをちょっと手伝う贈り物」(08年1月号)
  • フジテレビ月刊「aura」コラム「デジタル情報活用術」にて「世間の空気を掴むため、数百の個人ブログを読み込む」(07年12月発売186号)
  • 雑誌「週刊文春」文春図書館にて「冷蔵庫で食品を腐らす日本人」(魚柄 仁之助著/朝日新書)を書評(07年9月13日発売号)
  • 雑誌「野性時代」特集「食を読む」にて「スパゲティ・ナポリタンに追いケチャップ」寄稿(07年3月号)
  • 光文社雑誌「本が好き!」テーマエッセイ「成人式なんて…」にて「試練のカウンター」寄稿(07年2月号)
  • 文藝春秋月刊「TITLE」特集「ガッツリ全一冊うまい肉!」にて「石垣牛をめぐる冒険」5ページ(05年11月号)
  • DCカード発行「GRAN」鮨特集にAll Aboutの伊藤章良さんと5ページに渡り鮨対談(05年4月号)
  • 雑誌「料理王国」特集「現代人のココロとカラダに優しい深夜のレシピ」に「マイ夜食:おろしダレごはん」(04年10月号)
  • 雑誌「週刊文春」文春図書館にて「フレンチの達人たち」(宇田川悟著/河出書房新社)を書評(04年9月23日号)
  • 雑誌「BRUTUS」特集「決定日本一おいしい『お取り寄せ』はこれだ!」うどん部門試食審査・寄稿(04年9月1日号)
  • DCカード発行「GRAN」沖縄礼賛特集に「すばや野菜で満足するな。沖縄は『肉王国』でもあるのだ」を寄稿(04年7-8月号)
  • 私立駒場東邦中高等学校「若駒」第106号に「不自由を満喫しよう」を寄稿(04年3月)
  • 角川書店雑誌「本の旅人」巻頭エッセイ「書店の遠景」寄稿(04年1月号)
  • 雑誌「世界の腕時計」My Happiest Time57「バッカ食べのススメ」寄稿(03年10月号No.65)
  • 雑誌「壮快」さぬきうどんダイエット特集「さぬきうどんの魅力」寄稿(03年6月号)
  • 世界文化社月刊「Delicious」沖縄特集の沖縄そば本文(02年5月号)
  • 講談社月刊「オブラ」02号2月号「最新最強これが旬の麺」特集取材協力
  • デンタルダイアモンド社「デンタルダイアモンド」(01年10月号)の中のコラム「ずいひつ」に「歯肉にうまい! 口蓋においしい!」を寄稿
  • 双葉社単行本「沖縄大衆食堂」(01/6/5発売)の中のコラム「なぜ冷たいそばがないのか」寄稿
  • ASCIIの単行本「ディープ沖縄」(00/7/7発売)の中のコラム「沖縄行ったらコレ食べなきゃ」寄稿
  • JTB月刊「旅」00年7月号「さとなおが選ぶ 沖縄を味わい尽くす10冊」
  • 「大人の神戸」上質・神戸ガイド2000年版「おいしすぎるぞ、神戸!」
  • 「るるぶっく 大阪で遊ぼ!」2000年版「おすすめイタリアン」
  • 「日経ネットナビ」99年9月号「HOT! COLUMN~さぬきうどん」
  • 「Hanako-west」99年6月号「イタリアン通が選ぶ私的関西ベスト・イタリアン」
  • 「SNOW」99年5月号「讃岐うどん 口内刺激のエクスタシー」

取材・出演・紹介記事など

日々メールで入ってくる取材は、わりと多いです。
その中で、ちょっと大きく取り上げられたもの、そしてどなたかが紹介してくれた記事を、ここに記録として残そうと思います。
PC誌やネット系雑誌へのホームページ掲載はかなりいっぱいあるので省いています。
ちなみに、インタビューにしてもテレビにしても顔は出していません。自由に飲食店を回りにくくなるので。

  • 月刊「ビジネスアスキー」特集「売れない今こそPRで仕掛ける」にて田中愼一氏と特別対談4頁(09年5月号)
  • 「宣伝会議」特集「アドパーソンのモチベーションUP!」にてインタビュー2頁(09年4月15日号)
  • 扶桑社週刊「SPA!」特集「趣味と仕事の絶妙な関係」にてインタビュー1頁(08年9月23日号)
  • 日経BP社月刊「日経エンタテインメント!」特集「Come up!」にてインタビュー2頁(08年7月号)
  • 日経BP社月刊「日経おとなのOFF」特集「部下をねぎらう店」にてインタビュー2頁(08年7月号)
  • 朝日新聞 記事「広告批評休刊」にてコメント掲載(08年5月20日)
  • 朝日新聞 書評欄「売れてる本」にて「明日の広告」書評(08年5月18日)
  • J-WAVE「TOKYO LABORATORY」(小山薫堂)ゲスト出演(08年3月13日収録)
  • NHKラジオ第一全国放送「かんさい土曜ほっとタイム」の「おもしろ人物ファイル」コーナーに出演。45分間の生放送(08年3月8日)
  • プレジデント社隔週刊「プレジデント」コラム「本の時間」にて「明日の広告」著者インタビュー(08年3/31号)
  • 週刊朝日 書評欄にて「明日の広告」書評 by 駒沢敏器さん(08年2/25号)
  • 週刊文春 書評欄「今週の必読」にて「明日の広告」書評 by 野地秩嘉さん(08年2/21号)
  • J-WAVE「TOKYO LABORATORY」(小山薫堂)ゲスト出演(06年5月17日)
  • ぴあ「バレエワンダーランド2005」にて「男が見たバレエ」インタビュー記事掲載(05年冬)
  • 講談社雑誌「FRaU」特集「フラウ「空弁」料理ショー」アンケート掲載(05年3月22日号)
  • 雑誌「ヴァンサンカン」25周年SPECIAL別冊付録「旬のレストラン185」インタビュー記事(05年4月号)
  • 講談社雑誌「FRaU」ダイエット特集にて「BMグラサン・ダイエット」1ページ掲載(05年2月号)
  • テレビ朝日「スーパーJチャンネル」特集「もし東京で直下型地震がおきたら」出演(04年11月3日18時放映)
  • 雑誌「広告」連載「秋の夜長の広告人兼ライター対決」出演(04年11月号)
  • 雑誌「料理王国」小特集「実録・深夜のレシピ」にてインタビュー出演。おろしタレごはんを紹介(04年10月号)
  • 東京中日新聞連載「生活応援サイト」にてサイト紹介(04年8月24日発売)
  • 私立駒場東邦中高等学校同窓会誌「邦友プロムナード第19号」にて「www.さとなお.com」特集(全9ページ)。
  • 読売新聞日曜版 特集「駅」の首里駅に首里そばについてのコメント掲載(04年7月25日発売)
  • 毎日新聞朝刊一面「余録」(04年3月31日)
  • 文藝春秋雑誌「クレア」沖縄特集インタビュー(03年12月号)
  • 朝日新聞福岡版「相次ぐ飲食店覆面調査本」記事取材(03年9月12日)
  • Tokyo FM「進藤晶子のBeautiful Hit Magic」ゲスト出演(03年9月5日)
  • TBSラジオ「荒川強啓のデイキャッチ!」ゲスト出演(03年8月14日)
  • マガジンハウス「an・an」特集「麺パラダイス」沖縄そばインタビュー(03年3月26日号)
  • 日本経済新聞「はやり入門講座~さぬきうどん」(02年10月19日)
  • JAL機関誌「AGORA」さぬきうどん特集(02年秋)
  • weeklyぴあ「This Week ウェブ」に今週のクリエーターとして変装写真入りで紹介(01年11月12日号)
  • TV朝日「ほんパラ!関口堂書店」(01年6月2日)
  • 朝日新聞朝刊(関西版)で「さとなおの自腹で満足!」紹介。三段記事。(01年5月16日号)
  • 実業の日本「ブックレビュー交友録」内原康男さんの紹介(01年5月号)
  • 別冊宝島「ホームページ繁盛の鉄則」成功実例として(00年7月5日)
  • 朝日新聞夕刊「ウィークエンド経済」(00年2月19日)
  • デイリー読売(英字新聞)7面ほとんど(99年12月18日)
  • ポタtokyo(99年12月31日号)
  • 単行本「なぜ日本企業は『消費者の満足』が得られないか」p103~(江上哲著/日本経済新聞社/1700円)
  • ダイアモンド社「エグゼクティブ」(99年11月15日)
  • 週刊金曜日「本コーナー」(99年10月1日号)
  • 日本経済新聞月曜別刷「マンデー日経」(99年9月6日)
  • TBS「王様のブランチ」本の紹介コーナー(99年5月8日)
  • 月刊「料理百科」(99年6月号)
  • ラジオ関西「谷五郎のOH!ハッピーモーニング」30分インタビュー(99年4月12日)
  • 週刊新潮「TEMPO」(99年3月)
  • 週刊プレイボーイ「著者インタビュー」見開き1ページ(98年12月22・29日号)
  • 週刊文春「著者と60分」1ページ(98年11月26日号)
  • 朝日新聞社説(98年9月11日) ~日記参照

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール