トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > 鍋もの


鍋もの(なべもの)一般について


鍋ものって、客に「調理」を任せる部分があり、外食としてはちょっと納得できないなぁと思うことがよくあります。

食材を選んできて鍋にするなら、家の方がうまい鍋が出来ることも多々あります(仕入れルートでは勝てないものの、店は原価率を考えないといけないので食材選択に制限がある)。

なので、鍋ものの店は「プロならではのひと手間」や「食材が特別なもの」などがないとなかなか好きになれません。

例外としては、店の雰囲気、そしてシチュエーションがいい場合。
例えば「よし田」(銀座)や「九段一茶庵」(九段)で年末に食べる鴨鍋は、その雰囲気もあって好きですね。「俵屋」(大阪ミナミ)の鍋も、おばあさん芸者の三味線とともに忘れがたい。


以下、ジャンル別にあげてみます。

◆おでん
まずは「志乃ぶ」(早稲田)。ボクのおでん屋の原点にしてベストに近い店。大学生時代よく通ったなぁ。
一方、関西風あっさり味ですが、「四季のおでん」(大阪)や「楽ぜん」(芦屋)も好き。

◆ふぐ(フグ・ふく)
いろんな高級店にも行きましたが、いまのところコストパフォーマンスを含めて「小やなぎ」(麻布十番)が一番好きかも。味的には「味満ん」(六本木)、「ふく福治」(銀座)も良いけど、やはり高い。

◆くじら(鯨)
いま一番好きなハリハリ鍋は「うずら」(白金)のもの。
大阪勤務時代によく食べた「西玉水」(大阪ミナミ)が長く一番の座にいたけど、いまは「うずら」かなぁ。有名な「徳屋」(大阪ミナミ)も嫌いではありませんが、ハリハリ鍋自体の味の深みが「うずら」「西玉水」は一頭地を抜けていると思います。

◆鳥鍋
まず、なんといっても「鳥栄」(湯島)の軍鶏鍋でしょう。「鳥岩楼」(京都)の鳥鍋も印象的です。
リーズナブルなところでは「軍鶏丸」(恵比寿)の軍鶏鍋。こんなに安いのにちゃんとおいしくてびっくりします。名古屋の「鳥久」(名古屋)の味噌たきもおいしいと思います。

◆すっぽん
大分の安心院にも行って食べましたが、やっぱり印象的なのは「大市」(京都)。月並みだけど。

◆ちゃんこ
どこでもそんなに変わらないと思うけど、雰囲気を含めて「ちゃんこ川崎」(両国)。そして数限りなく昼飯に利用した思い出を含めて「志が」(大阪キタ)。

◆韓国系
三年熟成させたキムチを使ったキムチ・チゲが食べられる「オモリキムチチゲ蠶室(チャムシル)本店」(Seoul)
ソルロンタンなら「シンソン・ソルロンタン」(Seoul)、「Gam Mee Ok」(NY)、「Hunbat」(Los Angeles)。
サムゲタンなら「トソクチョン(土俗村)」(Seoul)
ヘジャンクなら「チョンジンオク(清進屋)」(Seoul)。


あとは……思い出したら、また書きます。


2006年1月更新。

このページは随時更新します。
このジャンルに対するボクの考え方は更新時点のもので、変化しつづけていくと思います。
上記リンクしてない店はなるべく早く更新します。



  

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール