トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > 鳥久

鳥久

lv3.gif

愛知県名古屋市中村区名駅南1-1-15
052-541-1889
11.30〜14/16〜22
日・お盆・年末年始休
20000円〜


鶏の味噌たき。
とりきゅう。

明治17年建築の二階建て一軒家の老舗。
堀川沿いにあり、川を行く屋形船なども見える。対岸からの外観も見事で(その古さが)、高い店なのかとちょっとびびるが、実はそんなことはない。リーズナブルな値段で鶏の味噌たきが味わえる。

木造の建物の趣に驚きながら門をくぐると仲居さんがちょこんと座って迎えてくれる。
座敷のみ。2階は大広間。が、格式ばった店ではなく、とても気楽。店内も古さをそのまま活かしており、決してキレイではないが、なかなか風情がある。

行った日は仲居さんがみんな浴衣だった。
「お盆までの一週間だけ」とのこと。着物のバリエは多いみたいで、季節ごとに変えるらしい。仲居さんは部屋にひとりついてくれ、いろいろ話しながら食べられる。

鍋は三種類あり、味噌たきと水炊きとすき焼き。
コースはそれぞれ6000円〜9000円と三種類あり、他に一品もある。

せっかく名古屋にきたのだからと味噌たきにした。
白い鶏ガラスープに大量の八丁味噌を溶き入れたそれは甘いのだが、意外とあっさりめでおいしい。他店で味噌すきを食べたことがあるが、その時はなにしろ全体に真っ黒で素材のカタチすらわからなかったものだが、この店のは素材のカタチも味もよくわかる。八丁味噌で煮てあるのに、鶏の香りがプンとする。きっといい鶏を使っているのだろう。

鶏肉は名古屋コーチンを使用しているとか。
コーチンは鍋にすると固くなると言われ、三河地鶏を使っている店も多いと聞くが、ここは若鶏を使っているので「そんなに固くないですよ」とのこと。食べてみたら逆にちょうどいい噛み応えでむしろこのくらいの方がボクは好ましいと思った。

一品では、三色焼きという焼き物もおいしいし、〆のきしめんも抜群。
最後は白いご飯をもらって、ちょっとだけ味噌だしをかけて食べる。
これがうまい! 止まらない。

全体に満足できるコースだ。
名古屋の味噌文化をちゃんと味わうにはとてもいい店ではないだろうか。


2007年8月訪問。



拡大地図を表示

2007年12月24日(月) 13:00:03・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール