トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > ラブ度(LOVE!ゲージ)について

ラブ度(LOVE!ゲージ)について

「さとなおのおいしい店リスト」では、店のお気に入り度を「ラブ度」で表しています。
"I love this restaurant!"の度数ですね。「いい店やれる店」的な意味のラブではありません(笑)

主観的・個人的に好きな店ほどゲージ量が上がっていきます。ゲージが上がれば上がるほど「ボクはその店が好き」、下がれば下がるほど「あまりボクの好みではない」ということになります。
そう、あくまでも極私的な「ラブ度」です。その店の良し悪しを表したものでも客観的評価でもありませんので、ご注意ください。

なかには「なんでこの店のラブ度が高いんだ?」と思われる店もあるかもしれません。
でも、趣味嗜好が近い方はきっとわかってくださると思います(「このコーナーの使い方」参照)。


以下、ラブ度の目安をだいたいご説明します。


lv5.gif

大好きな店。
愛してる店。個人的に琴線に触れてしまった店。印象に強く残っている店。
つまり「ラブな店」ですね。"I love this restaurant very much!" なわけです。
世に言う名店ではないかもしれませんが、ボクの中ではトップクラスに好きな店です。個人的に思い出がある店も多いです。どこかにメシに行こうと思ったらまず候補に入れる店でもあります。
個人的なラブなので、例えば、老夫婦がやっている古くて小さくて清潔な食堂、みたいのも入ってくるかもしれません(好きなんです:笑)。そういう意味で「なぜこんな地味な店を?」と思われる店も中にはあるかと思いますが、蓼食う虫も好き好き。まったく個人的趣味嗜好の世界ですのであしからず。


lv4.gif

とても好きな店。
上のフルゲージとそんなに遜色ありません。"I love this restaurant!"です。
再訪したいし印象にも残っている。とても好き。でも個人的に「愛してる」までは行かない感じ。
ココの店に、何か思い出がプラスされたり、個人的琴線に触れることがあったりすると、上のフルゲージになる感じです。
つまり、「LOVE」と「LOVE!」の違いですね。「!」という驚きやインパクトがあったのがフルゲージだと思ってください。


lv3.gif

好きな店。
LOVEとLIKEの中間くらい。"I really like this restaurant."くらいかな。好ましいけどラブではない感じ。
趣味嗜好が近い人に聞かれたら、「この店はオススメ」みたいに言うと思います。
ただ、キャラが強く立っている店も多いので、注釈つきで勧めるかも。「いい店だけど○○な部分もあるよ」「おいしいけど○○のような不満もあるよ」みたいに。


lv2.gif

LOVEではなくて、LIKEです。
軽い感じで"I like this restaurant."って言うイメージ。
積極的に好きなわけではなく、聞かれたら「嫌いじゃない」と答える感じ。
好きなんだけど、不満点もいくつかあって、すっごく気に入っているというわけでもない、といった印象でしょうか。
この辺の店を大好きというヒトもいるだろうな、と思いつつ、個人的趣味嗜好にいまひとつ合わなかった店です。


lv1.gif

好きでも嫌いでもなく、普通な感じ。
人間関係で言ったら「友人でもなく、単なる知り合い」といった程度。特に熱い思いは持っていません。
お腹を満たしてくれるという意味で感謝しますし、決してネガな気持ちでは行きませんが、特に気に入っている店でもないですね。あまり期待もしないし。
ただし本当に極私的な印象です。みなさんがそう思うかどうかはまた別のお話。


lv0.gif

残念ながらボクの趣味嗜好には合わなかった店です。
個人的不満点も多い上に、行った際にイヤな思い出もあったりするとココになります。
ただし、個性が強い店が多いのもココ。ボクと趣味嗜好や店の使い方が違う方々が好きになる可能性も高い店たちです。
店はいろんな人の需要を満たして成り立っています。ボクはこの店のターゲットではなかった、ということなのだと思います。店もボクを必要としないし、ボクも店を必要としない関係、ということでしょう。



以前よりこのコーナーをご覧いただいている方は、10点満点での採点法になれていらっしゃると思います。1995年8月から2005年9月まで約10年の長きに渡り、10点法でやってきましたから。
が、10点法で点数をつけるとどうしても「その店の絶対評価・客観評価」と思われがちで、点数がひとり歩きしたりしました。それはボクの本意ではありません。
ですので、2006年1月をもって10点法を改め、「ボクが好きかどうか」という、より主観を前面に押し出したラブ度で表すやり方に変えました。ご了承ください。

2006年01月02日(月) 9:23:29・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール