トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > 小やなぎ

小やなぎ

lv5.gif

東京都港区麻布十番1-5-3
03-3404-8080
13000円〜20000円


ふぐ。
2000年以来、年に数度楽しみに行っているふぐ屋。個人的にはとてもくつろげるし好きな店である。
このごろでは人気になってしまい、なかなか予約が取れなくなってしまった。

東京でこの値段でうまいふぐをたらふく食べられるのは素晴らしい。
味のないゴムのようなてっさ(刺身)が多い中、ここのはちゃんと味がある。香りが高い。煮こごり(ちょっと味が濃すぎるけど)、てっさ、唐揚げ、てっちり、雑炊に至るまで非常にレベルが高く安定している。量も多く、満足度が高い。
特にてっちりと雑炊のレベルが高く、ラストに向かって盛り上がっていくので、食事後の満足感が違うのだ。

ひれ酒はひれが多いので火を付けても火が長々と持つ(お母さんに最初やってもらうこと)。
色もかなり濃く付いて非常にうまい。

でもやっぱりこの店の白眉はラストの雑炊。
完成度が高いと思う。
基本的に店に任せて作ってもらうタイプなので、お母さん(女将さん)を信じて触らずにじっと待つこと。ぎりぎりのバランスをちゃんと見て作ってくれる。いろんな店でふぐの雑炊を食べたが、ここのを越えるおいしさはそうはない。雑炊はちゃんとした料理なのだとわかる味。ちなみに必ず煮込み系雑炊を頼むこと。

で、最後に梅干しと大きなみかんが出て、締め。

一応コースで「煮こごり、てっさ、唐揚げ、てっちり、雑炊、みかん」と出てくる。
量も多いし唐揚げも大きいし、てっちりもふぐがたっぷり入る。

白子を追加せず、ひれ酒をあまり飲まなければ13000〜14000円くらい。
いっぱい飲んで15000〜17000円くらい。でもプリプリの白子は是非追加したいところなので、それを追加しちゃうと20000円程度行ってしまうかも…。近年少し値上げしたようだし。

とはいえ、東京のふぐでこの値段はうれしい。
ふぐはこの程度の値段でわかりやすくおいしいのが好きである(大阪や九州だともっとずっと安いふぐがあるが、それはまた別の話)。30000円とか50000円の超高級店より個人的にはずっと満足感がある。

麻布十番の鳥居坂下の交差点から六本木方面に歩いて1分の左側地下。
昭和38年ころからココでやっているとのことで、内装はなんだか昭和っぽくてタイムスリップ風。
高級感はないが、家族的で楽しい店である。カウンター8席。テーブル3つ。座敷1つ。


00年12月初訪問以来、再訪多数。06年2月最新訪問。

※えらく予約が取れないと思ったら東京レストランガイドでこの地区ダントツの1位になっていた(笑)。たぶんこの店をネットで最初に広めたのはボクです(ちょっとだけ自慢)。
※ずいぶん通って常連ぽくなっているので、「面割れバイアス」がかかっているかもしれません。


小やなぎ
※クリックすると拡大表示

2006年01月03日(火) 15:03:51・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール