荒川修作さんの身体がなくなった

2010年5月20日(木) 7:50:01

荒川修作さんが亡くなった。

ヒトは形あるものに名前をつけたが、目や手から出た力みたいなものに名前をつけず、認めない。形あるものしか認めないから死ぬんだ。身体がなくなったと同時に死ぬんだ。でも身体がなくなっても人間は死なないんだ。それがおまえらバカは誰もわからない。
講演でメモった彼の言葉。いまでも折りに触れ反芻する。

その後、「課外授業 ようこそ先輩」での彼の授業を見て、そのことがとてもよく実感できた。このヒトはぶっきらぼうだが、本当はとても親切なヒトなんだ。

三鷹天命反転住宅にも行った。
この住宅について、彼はこう語っている。

ここに住めば普通に生活するだけで身体の細部のあらゆる細胞や筋肉の活性化が始まり、共同の免疫力や新しい感覚が出現し始めるのです。健康になり長寿になる。だから今までの建築や住居とは全く目的が違います。
本当の話だが、約2時間あの家の中にいただけで酷い風邪が見事に治った。いや、マジで。

そのときの顛末はココココに書いてある。前者には住宅内で撮った写真へのリンクもある。興味ある方は、是非。

「死ぬのは法律違反です」って言い切っていたのに。73歳。早く脱出しちゃったんだなぁ。でも“身体がなくなっても人間は死なない”んだよね。「身体は使い方次第で『生命』という現象を外在化できる」って彼は言っていた。だから「死なない」し、死ぬことはイリーガルなのだ、と。

つまり、亡くなったんじゃなくて、身体がなくなっただけ。どっかで哄笑している彼が見えるようだ。とりあえずお疲れ様でした。あ、疲れてもいないか(笑)

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事