原始の山と三鷹天命反転住宅

2005年11月28日(月) 7:17:27

あれは3年前だったか、さなメモでも大騒ぎしたくらい腰痛に悩んでいたとき、取材もあって無理をおして石垣島へ行き、決死の覚悟で原始の森の山へ入って野生のイノシシ狩りに参加した。狩りの師匠にも事情を話し、最悪の場合取材中止&かついで山から下りてくれとお願いしてから山へ入った。

そして半日後。原始の山から帰ってきてふと気がつくと、驚くことにすっかり腰が治っていた。それ以来腰は無事。あれは何だったんだろうと今でもよく考える。ほとんどヒトが入っていない原始の山の「気」が身体に入ったか。もしくは平地がひとつもない獣道を登り下りする間に身体が活性化され、でっぱりがちだったヘルニアを押し戻してくれたのか。後者であれば、人間にとって今の都会や家やオフィスのような「完全なる平地の連続」は不自然で、腰痛はそこから来たというのか。

まぁ答えは出ない。
でも、土曜日に三鷹天命反転住宅に行って以来、風邪も治り身体の調子も良いのはどういうわけだ。この感覚は石垣の山に入ったときと同じだ。身体が活性化した感覚。「病気にならない家」「死なない家」と言う荒川修作氏の言葉が妙に現実味を帯びて感じられる。あの家ってマジですごい家なのではないか…。

まぁもしかして、固いデコボコの床面でひたすら足裏マッサージをさせられたのが効いたというオチかもしれないけど、それだってすごい家だよな。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事