トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > イル・ルポーネ

イル・ルポーネ

lv3.gif

東京都目黒区中目黒2-10-19
03-5722-6789
18〜24(土日祝はランチあり。12〜14.30/18〜22)
月休


トラットリア・ピッツェリア。
2004年11月にオープンした店。店名はイタリア語で大きなオオカミ、大食漢の意らしい。

中目黒の南側。山手通りから少し入った路地にある。
近くの居酒屋で食べ好きたちと散々食べたあと偶然通りかかり、あまりにおいしい雰囲気が漂っているので思わず入店。お腹一杯だったのにどんどん食べれてしまう。そう、大正解だったのだ。それ以来ボクはこの店のファンである(その辺の経緯はこの日の日記に書いている)。

店はそんなに広くないが、とても親密であたたかいインテリア。適度にモダンで適度に現地っぽい。ガラスの向うに厨房があり、そこにナポリから取り寄せたという薪窯がどでんと構えている。その横でまだ若いシェフが忙しく働いている。

基本的に南イタリアのカンパーニャ州の料理を中心にしている。
薪窯で焼くナポリピッツァがうまい。基本のマルゲリータがちゃんとおいしい。もちもちしているのに軽快。清新の気に溢れたピザとでも呼ぼうか。なんだか食べてるこちらが元気になるようなピッツァである。シェフは中目黒「サルヴァトーレ」にいたあと南イタリアで修行したらしいが、少なくとも「サルヴァトーレ」より印象的なピッツァを焼く。

トラットリアも名乗っているだけあって、パスタや一品物もあなどれない。わりと現地の匂いのする本格派。カプレーゼも自家製ソーセージも良かった。パスタは「とても南伊っぽく粉っぽい」と南伊から帰ったばかりの人のお墨付き。
ワインはハウスワインがわりといい。品揃えも程が良く、きちんとセレクトされている印象。安価なものが多い。

この店でぜひ試して欲しいのが自家製リモンチェッロ(食後酒)。とてもうまい。またデザートの「ババ」(ラム酒を染み込ませたナポリのケーキ)もぜひ。

サービスはとても親密だ。
女性スタッフの笑顔がとても良く、一見素人っぽいがちゃんと目を配っている。店の外にまでちゃんと目を配って客を招き入れているのは立派。サービス料をあげたくなるが、サービス料はとらない。逆の店はいっぱいあるのに。

全体にいい空気が漂ういい店である。
まだまだ発展途上だとは思うが応援したくなる店。

05年12月初訪問。再訪数回。


イル・ルポーネ
※クリックすると拡大表示

2006年08月09日(水) 8:29:31・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール