鬱について書かれた本の中でも白眉。『うつ病九段』先崎学

2018年8月 9日(木) 6:38:43

IMG_5356.JPG


すさまじい本だった。
鬱について書かれた本の中でも白眉。鬱と隣り合わせの現代人は必読だと思う。

プロ棋士の先崎さん(先ちゃん)の文章はとても好きで、週刊文春で連載していた「浮いたり沈んだり」とか愛読していた。「そういえば最近読んでないなぁ」と思っていた矢先の出版。衝撃的な内容。絶頂とも言える順調な日々に、鬱は突然やってくる。

将棋の九段のプロが、七手詰めの詰め将棋すら解けなくなるくだりは涙なしに読めない。鬱とは一般に言われている「心の病気」ではなく「脳の病気」なのだと理解する。

ボク個人で言えば、今年の3月のある晩を境に魚を食べられなくなり、外食や旅も制限された。人生として重きを置いていた分野だったこともあってかなり抑鬱状態に追い込まれた。

そこから「本物の鬱」に落ちないように、毎日すごく慎重に暮らした。
急峻な稜線をよちよち歩く日々。ちょっとしたことで崖下に落ちそうな予感があった。

この本を読むと、本当に危なかったんだろうなと思うし、いまでも気が抜けない。鬱はちょっとしたことで突然やってくる。

それにしても描写がリアルだ。
鬱病患者が思うこと感じること、そして復活していく過程で起こることなども一人称でしっかり辿ってある。よく復活途中でここまでリアルに書けたなぁと思う。

そして、書くことが治療になっているんだな、ということもわかる。何しろ脳の病気だからね。脳に客観視させるのに、書くことはとても効果的。

ボクももうちょっと書こう(鬱に落ちるのが怖くて逆に少し離れてた)。そう思った。

アマゾン:『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事