">

「復興グルメ旅」という本の前文を書かせていただきました

2013年6月12日(水) 21:06:31

日経BP社から「復興グルメ旅」という本が発売される(今週末くらいから発売)。

石巻、気仙沼、南三陸、女川、松島・塩竃、陸前高田、大船渡、釜石・大槌、宮古、一関、福島、郡山、会津という15市から50店を取り上げて、東北に食べ歩きに行こう! 食べて応援しよう! と、呼びかけている本である。

その前文(前書き)を書かせていただいた。

イヤほんと、週末使ってすぐ行こう!


+++++++++++++++++++++++++

世の食べ好きたちよ! 出番です!

   コミュニケーション・ディレクター
   公益社団法人「助けあいジャパン」会長 佐藤尚之

「おいしいものが食べたい!」という胃袋の欲求のみでいいと思う。

 支援とかボランティアとかいう言葉がそこにかぶさった途端、なんか居心地悪くなる。支援なんて偉そうだし、ボランティアって柄でもない。そんなことを言う友人はまわりにゴマンといる。わかる。そんなお題目はどうでもよくて、たとえば東北のおいしいものを食べて、満腹になって、栄養にもなって、お肌つやつやになって、結果的に応援にもなる。それでいいと思う。とにかく東北に行ってわいわいゲラゲラ食べて帰ってくる。それだけでいいと思う。

 ボクは1995年の阪神大震災を当時住んでいた神戸で身をもって体験し、被災者のつらさを初めて知った。

 それ以前の災害、たとえば北海道南西沖地震(みなさん奥尻島を覚えてますか?)や雲仙普賢岳噴火などで苦しんだ現地の人々の思いを、ボクはようやく理解した。わかったような顔をしてニュース映像とか見ていたけど、結局何もわかっていなかった。すまん!ごめん!こういうことだったのね、と心の中で謝ったがもう遅い。

 そして神戸の復興の過程でこうも思った。
 繰り返し「遊び」に来てくれる人の、なんとありがたいことか。

 災害後数年経つと、被災地以外の人が出来ることは限られてくる。来てくれる人もどんどん減っていく。でも、それでも顔を見せてくれる人たちがいる。何するでもなくふらっと立ち寄ってくれる人たちがいる。手を合わせたくなるくらいありがたかった。明日もがんばろうと思った。あれから18年以上経つけど、いまでもリアルにそのときの気持ちを思い出す。

 遊びでいい。食べに行くだけでいい。「ごちそうさま!」となるべく大声で言って店を出る。そして笑顔でまわりを散歩する。それが現地の人をどれだけ勇気づけるか。それはきっとあなたの想像を大きく超えている。

 おいしい思いができるうえに、エールにもなる。こんなに楽しいことはない。さあ、週末使ってすぐ行こう! おいしいものを食べに行こう!

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事