">

すいません! 那覇「山本彩香」当面継続だそうです

2012年4月 3日(火) 23:22:26

すいません!
6月2日で閉店するはずだった那覇の料理店「山本彩香」ですが、彩香さんの決心を翻す出来事が起こり、当面継続することが決まったようです!

ちょっと前に「山本彩香、閉店します」という記事を書きましたが(そしてそれは彩香さんの依頼でもあったのですが)、昨晩、上京していた山本彩香さんといつものメンバーでご飯を食べに行って話していたら、「長年探していた『弟子(継承者)』にようやく出会えた。その人に賭けてみたい」と急におっしゃる。

「へ?」
「いや、だから、その人を育てないといけないし、当面お店を継続しようかと思って」
「は? 閉店、やめるんですか?」
「そういうこと」
「ほえ〜」

一緒にいたメンバーはみな大喜びしてたけど、ボクだけちょっと青い顔。

だって、「閉店します」ってソーシャルメディア上で拡散しちゃったからなぁ。フォロワー数とRT数シェア数とかを考えると数十万人には拡散しちゃったかもしれない。あちゃー。だからあんなに何度も「本当に決心されたのですね? 」ってしつこく聞いたのに!

ボクが青い顔している横で、彩香さんは素でほがらか。
その落差を見て、一緒にいたメンバーは大笑い。

いや、でも、なんつうか、かなわんなぁ…(笑)
まぁある意味長嶋茂雄みたいな方だから(その天才性と天然性において)仕方ないのだけど。

とはいえ、「え!閉店するんですか!? 沖縄に食べに行かなくちゃ!」と、仕事を休んだり予定を変更したりして6/2までに「山本彩香」に行くことを決めていた方々には本当に申し訳ないです。弟子が出来てあの料理が継承されることは素晴らしいことでもあるのだけど、でも、なんだか本当に申し訳ない。

彩香さんには「そういう方には特別サービスをするべきだと思います」とお伝えしてあります。お店に行ったらちゃんと伝えてくださいね。そしてどうぞお楽しみになってください。

まぁでも、めでたいです。
これからもあの料理を楽しめる。沖縄に行ったらあの店が待ってくれている。

写真は常にほがらかな彩香さん。
昨晩は、4月1日で77歳になられた彩香さんの誕生祝い会でもあったのでした。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事