">

大工よ、屋根の梁を高く上げよ

2012年3月16日(金) 8:34:07

komazawa-154x233.jpeg手を合わせながら「大工よ、屋根の梁を高く上げよ」というサリンジャーの小説の題名をなぜか思い出した。

親しい友人である作家・駒沢敏器さんの火葬に、昨朝、立ち会ってきた。

ニュースで見た方もいらっしゃるかもしれないが、事件性がある亡くなり方をした。
そのせいもあって、ほとんど人を呼ばず、ここ数ヶ月に駒沢さんと関わりのあった数人だけが参列した。ボクも急遽招かれた。無理矢理時間をこじあけて長津田まで行ってきた。

先週沖縄に行ったのはこの件である。
駒沢さんが亡くなったのは東京でだが、那覇に母親のように彼を愛した人がいる(彼も彼女をおかあさんと呼んでいた)。その山本彩香さんのショックを和らげたいがために、兄弟分として沖縄に飛んだのが先週である。そんなこともあって火葬に呼ばれたのかもしれない。もっと親しい方もたくさんいらしたと思うがご容赦願いたい。

1961年。同じ年の生まれである。
そういえば先週亡くなった山口美江さんも1961年生まれだったなぁ。死がとても身近になってきた…。

駒沢敏器さんはいくつも本を出しているが、「アメリカのパイを買って帰ろう」がやはり突出して素晴らしいと思う。ボクはこの本の書評を週刊文春に書いた

その中でも書いたが、彼は、いまの沖縄を理解する上で避けては通れないのに、いままで誰も通らなかった地下の道、封印されていたこの地下道への扉を開け、新たな光で満たした。

すばらしいことだと思う。

彼には雑誌「COYOTE」で連載した山本彩香さんの評伝もある。これが一冊にまとまること。これが目下の願いだ。沖縄の違う面が、彩香さんの評伝という形を借りて、そこに描かれている。

沖縄は、駒沢敏器という最大級の理解者を亡くしてしまった。これはもっと悲嘆に暮れてもいいことだ。


彼は静かに荼毘に付された。
彼が築いた小宇宙が、彼の脳の中にある豊かな知識や知恵が、彼の中にあった沖縄への愛が、この世から消えてなくなることが耐えられない。

大工よ、屋根の梁を高く上げよ。
彼の高邁な精神にふさわしい高さに梁を上げよ。

狭い狭い火葬炉に入れられる彼を見ながらそう思った。


※ 彼はボクの「明日の広告」を大絶賛してくれて、自ら申し出て週刊朝日に1ページ、書評を書いてくれたことがある。ボクは一時期それを励みに生きていた。駒沢敏器さん、本当にありがとう。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事