極上すぎる時間。ユニコーン@武道館

2011年9月 7日(水) 10:39:55

昨日の午前中は京都で講演をやり、四条室町の「BOCCA del VINO」で打ち合わせランチをやり(とても美味しい店だった)、新幹線に飛び乗って東京に帰り、五反田でプレゼンをし、走って武道館へ。開演10分前になんとかアリーナ席に入場できた!

ということで、6月7日の神戸に続き、ツアー2回目のユニコーン!

まぁなんというか、本当に極上。
こんなに楽しいライブはない。ありえない。演奏が完璧で、歌も良くて、しかも笑えて、「くだらない」要素も満載なライブをできるグループが他にあるだろうか(いやない)。

そのうえ、なんというか、奥田民生が大口をあけて歌っているのを見ると涙が出る。実際「HELLO」で泣いた。前回も同じところで泣いたけど(でも実は阿部ファン)。

武道館だけあって、神戸のライブのときとは構成や趣向も変えてきた。
まぁネタばらしはしないけど(今後もアリーナ・ツアーが続くので)、ダブルで○んだし、○インもやったし、出たばかりのニューアルバム「Z II」からももちろんやった。ツアーが終わったら、6月のも含めてセットリスト、追記します。

なんというか、本当に「ユニコーン@武道館を見るためにも絶対入稿!」とここ数週間のモチベーションにしていたこともあって、とっても発散した。ユニコーン・ツアータオルを首にかなり踊った。腰と肩に来るくらいは踊った。楽しかった。そして撃沈。今日はもうほとんど動けない感じ(午後からの打ち合わせには無理矢理行きます…)

初校のゲラが明日あがってくる。
戻すのが日曜朝。そこで本当にすべてが終わる。あと少し。がんばるぞ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事