映画「ハーブ&ドロシー」、順調です!

2010年12月23日(木) 10:34:34

竹内まりやのツアーが昨日で終了したので、行った日のセットリストを当該エントリーに書き加えました(こちら)。思い返すだに素晴らしいライブだったなぁ。
そうそう、客席にピンクレディのミーちゃんが来ていて、それがわりと近くて、地味にうれしかったのを思い出したw

h_d12.gifところで、久しぶりの「ハーブ&ドロシー」ネタですが、今週末の25日から名古屋「名演小劇場」、横浜「シネマ・ジャック&ベティ」でも上映が始まります!

これで、現在上映しているのは、渋谷「イメージフォーラム」(1月も上映することが決定! ちなみに25日より朝一の回の上映開始が15分遅くなったのでご注意を)、大阪「梅田ガーデンシネマ」、那覇「桜坂劇場」の3館(広島「サロンシネマ」は上映終了)。ここに名古屋と横浜が加わわると計5館になります。

で、来年1月8日からは、仙台「仙台フォーラム」、尾道「シネマ尾道」、1月22日からは静岡「シネ・ギャラリー」、神戸「シネ・リーブル神戸」、1月29日からは、高崎「シネマテークたかさき」、山形「フォーラム山形」、福岡「KBCシネマ」と、続いていきます。

「イメージフォーラム」での成績が非常にいいので(みなさん、本当にどうもありがとうございます!)、地方上映にもはずみがついています。でもまだまだ全国に行き渡っておりません。各上映館の成績で今後の上映館が決まっていきます。各地の方々、是非ともよろしくお願いします。

というか、地方の単館は、あっと言う間に上映終了になったりします。いつか行こう、ではなく、なるべく早くお出かけくださいませ。

あ、そうそう「ハーブ&ドロシー」ネタでひとつご紹介しわすれていたことがあって。
それはこのブログなのだけど、ここには例の「いい夫婦の日」のイベント(鳩山幸さんが来て下さり、ハーブ&ドロシーとスカイプ中継し、ボクが司会をやったやつ:当日のブログ)の裏側が詳細に記されています。

筆者は当日来て、急に手伝うはめになった方なのだけど(笑)、我々ボランティアスタッフの準備や進行、機材設定などが細かく記録されているので、興味ある方は是非。長い記事だけど、ラストの「技術的な補足」あたりも含めて、こういう生中継イベントをする際に参考になることがいろいろ書かれています。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事