京都逍遙

2010年10月23日(土) 9:42:09

名古屋での講演(木曜)と大阪での講演(土曜)に挟まれて一日空いたので、昨日は京都をそぞろ歩いた。
今週、特に前半忙しかったのは、この一日を空けるためであったとも言える。正確に言えば、電話とメールを駆使して仕事はしたのだが(〆切原稿も一本送ったのだが)、カラダ的には京都逍遙。ちょっとパサパサしていた心にじんわりと潤いが浸透していく。いい休日だった。

紅葉の季節を前にして京都も空いているかと思ったら、京都三大祭りのひとつである時代祭、そして鞍馬の火祭りがあって意外と混んでいた。ただ逆に言うと、観光客はそっちに吸い取られていたので、散歩道自体は空いていてガラガラだった。下鴨神社(糺の森)や哲学の道というベタな地域を散歩したのだが、とにかく空いていた。哲学の道にいたっては人っ子一人いない瞬間が何度かあった。あの有名な道を独り占め。写真は哲学の道の終点というか始点というか、永観堂である。紅葉の大名所である。その名所が、夕刻とはいえ、そして紅葉にはちょっと早いとはいえ、人っ子一人いなかった。ものすごい贅沢な一瞬。この時を過ごせて良かった。

お昼ご飯は「河久」で満月弁当。鴨川沿いの座敷を開放してくれ、のびのびゆっくり。お弁当もおいしい。夜ご飯は「竹屋町 三多」(みた、と読む)。何度か行ったことがある割烹から独立した若い職人が始めた割烹。まだ9月11日に開店したばかりである(関谷江里さんのオススメで知った)。

香住のカニから始まって、鮎の煮浸し、淡路の鯛とウニ(絶品)、賀茂なす、名残のハモ、丹波の松茸、牛肉の鮨、アワビ、と、四番バッター勢揃いみたいなラインナップなのに16000円と(相対的には、そして京都にしては)とても安価でお得なコース。しかも味はきっちり焦点が来ていて安定している。いいなぁこの店。また来よう。四季一周食べてみたい。

時代祭りもチラリと見られたし(龍馬役の仮装があまりに…。でも今年の龍馬役はそりゃあプレッシャーかかるよなぁ)、久々の「みつばち」で豆かんも食べられた。ガケ書房という話題の本屋にも行った。夜中には全面禁煙のワインバー「ヴィオラ」で一杯飲めた。なんだかいい休日だった。毎日がこんなだったらいいのに(そりゃ無理か)。

今日はいまから大阪に移動して講演である。予習しなくちゃね。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事