iNeck なのか !?

2010年5月28日(金) 8:57:36

なんか数週間前から首に痛みが出てきて困っている。
最初は寝違えかと思ったが、それにしては治りが遅い。朝、起きたてだと右にも左にも首を曲げられない。いたたた。

自分で分析するに、まずは枕が合ってないこと。
これはこの日に書いて、翌日たくさんの情報をいただいたことでもあるが、あれを書いたころは首の痛みというよりは「疲れが取れない」という方向性で書いていた。でも、首痛にもつながっているのではないか、と疑っているのである。

もうひとつはストレス。
サトナオ・オープンラボなんて組織が会社にできたり、講演や寄稿がやたら増えたり、プライベートでのプロジェクトも異様に増えたり、と、様々なプレッシャーや多忙が首痛として顕在化したのではないか、という疑い。ストレス耐性は強いほうなのだが、まぁ普通なら耐えきれなくてもおかしくない状況。取材とか講演とかが絡まないストレス解消旅行も最近してないしなぁ。

そこに新たに加わった疑いは「霊」(笑)
複数人から違う場所で同じ時期に「除霊したらどうですか?」と勧められたのである。み、見えるの?

でも、いまそこそこ流行ってるようで、ツイッター上でも意外と数人に勧められた。うーん、ボクはそっちの才能が全くなくて、見えたことがないのだけど、本当に「見える」人っているみたいだしなぁ。除霊かぁ。そういえば首痛が始まった前後から、いろんなことが捗らない。キミなのか !? キミのせいなのか !?

で、ここに来て新たに加わった疑いは「iPhone」である。
今朝、ツイッターで@cham08さんから「私もよく首が痛みます。私の場合、iPhoneの使用が原因ではないかと疑ってます。首に負担のかかる姿勢になりますよね。」と指摘されたのである。この説は初めてだなぁ。でもツイッター上でも同意者が続出した。確かにそういうこともあるかも。携帯メールを打つときより首が前傾になるからね。今日発売のiPadだと、重さも相まってもっと酷くなるかも。そのうち「iNeck」という病名まで付いたりして(コピーライト:@tera50さん)

もともと、携帯やDSなんかを長時間うつむいてやっているせいで、若い人を中心にストレートネックが急増していると言われている。iPhoneヘビーユーザーで、かつ1日10時間以上モニターに向かっているボクなどまさにそっち系。うーん、とりあえず整体か接骨院か。それとも整形外科に行ってまずは正しい状況把握か。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事