車掌さん(笑)

2010年5月29日(土) 17:05:13

今朝、コグレさん(@kogure)がこんなツイートしてて面白かったのでRT(引用してツイート)をした。

ネタ鳥: "品川駅で山手線乗ったら車掌が車内アナウンスで「いま私が酔っ払いにからまれているため発車が遅れていまーす!」。こんなの初めて聞いたわ。。なんかみょーに明るいトーンだったので、車内大爆笑。こんな経験も初めてだわ。刺激と後悔と反省と怒りで疲弊してたけど、なぜか前向きな気分に。 "
そしたらそのツイートを受けて、何人かが車掌さん体験談を。
特に面白かったのがこれ。
@mayagusuku2010:
東西線各駅停車にてまじめーな声の車掌さんのアナウンス。「ただいま、この電車は妙典駅で快速電車の待ち伏せをしております。」知らない人ばかりがむっつり乗ってる朝の通勤電車が爆笑の渦に包まれたのを初めて見ました。
ぐははは。他にもいくつか。
@mistykilly:
たまに車掌さんはヒット出しますね。一度、雨の日の中央線で「傘のお忘れ物が多くなっております、忘れますと中々返ってきませんのでご注意下さい」というアナウンスがあって。爆笑しました(笑)

@blueusagi109:
東横渋谷駅→銀座線乗換。電車遅延で大パニック将棋倒しの危機!東急駅員が「落ち着いて下さい。事情を話せば会社もわかってくれます」笑

@Ricarudo:
さとなおさん、ご無沙汰しています。なん年か前に初詣で鎌倉に行ったら、駅が混んでいたらしく、車内放送で車掌さんが「急いでも、急いでも御利益は、一緒!」 と言っていた。車内爆笑でした。

車掌さんネタで言えば、昔、JRの現役車掌がホーム・アナウンスで、「この電車は○○、○○、仙台、盛岡を経由してモスクワまで参りまーす」と、ふざけてアナウンスしたYouTubeがあったんだけど、いま探したら見つからなかったなぁ。あの車掌さん、罰せられちゃったのだろうか。一般人からは神と崇められていたが…。

電車じゃないけど、以前、サンタフェにひとり旅をしたとき、アルバカーキ空港までサウスウェスト航空に乗ったんだけど、乗務員達が機内アナウンスをミュージカル風にやったのがめちゃくちゃ印象に残っている。「♪突然揺れることもあるからさ、シートベルトはきちんとしてね、頼むよ、お願いだよ」みたいなことを歌いながらライブでやるわけ。しかもラストに「♪こんな悪ノリスタッフのヒコーキに当たってしまって君たちもアンラッキーだね!」みたいなコーラスで締めた(笑)。

笑いながらも頭の片隅で「このヒコーキ大丈夫か?」と疑ったんだけど、あっちではわりとよくあることらしい。たとえばYouTubeから同じサウスウェスト航空での「ラップで機内アナウンス」。まぁ日本でやったらバッシング受けるんだろうけどね。きっと乗客もノってこないだろうし。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事