宇和島、松山、道後温泉

2009年9月23日(水) 19:06:34

昨晩は宇和島初心者編的に割烹「丸水」で「鯛めし」(宇和島風)と「伊予さつま」(冷や汁の宇和島版)をいただいた。あ、郷土料理盛り合わせも。どれもそこはかとなく甘い。愛媛って甘味文化みたい。その後「男鮨」と「ラ・カーサ」で飲んで〆。とてもいい夜だった(感想はそのうち「おいしい店リスト」へ)。

今朝は連休最終日ゆえ渋滞するのがイヤだったので早めにホテルを出発。
吉田町(日本一のミカン産地なんだって)の直売所でミカンを買って、じゃこカツも(そうそう、じゃこカツは5カ所くらいで食べたけど、結局、Twitterで教えていただいた佐多岬半島の道の駅「きらら館」の外売店のが一番美味しかったなぁ。じゃこカツって全国B級グルメのトップクラスかも)。で、そのまま松山市へ。高速を市街と反対側に降りて、気まぐれで「とべ動物園」へ。わりと各地の動物園に行くのは好き(特に海外)。なかなかいい動物園。

その後、昼ご飯に松山名物鍋焼きうどんを食べるべく「アサヒ」と「ことり」を探して行ったのだけど、両店とも定休日。ううむ…。他にランチに行く店を考えていなかったので、そのまま「伊丹十三記念館」へ。小さな展示ながらとても深くて面白い。で、そこのカフェ(名前は「たんぽぽ」:笑)でお茶を飲みながら、店員さんに「有名なあの2店以外にどこか鍋焼きうどんのおいしい店ありませんか?」と尋ねたら、丁寧にいろいろ調べてくれ、近くの「福楽」を教えてもらった。
ここがなかなかよかった。麺がいいので鍋焼きうどんの他に生しょうゆももらったが、香川で言ったら「なかむら」を太くした感じ。これは完全に讃岐うどんだなぁ(松山名物のうどんとは少し違うっぽい)。とはいえ当たりの店でうれしい。久しぶりにうまい讃岐うどん食べた。

その後、讃岐うどんに凝っていたころから行きたかった「踊るうどん永木」にも行こうと思ったが閉店時間っぽいので諦め、「坂の上の雲記念館」へ。あの名作の記念館。安藤忠雄設計の立派な建物。充実した展示でここもとてもよかった。しばし秋山好古、秋山真之、正岡子規の世界に浸る。あの本、また再読しようかな。NHKで年末に放送されるんだよね。楽しみ。

で、夕方に道後温泉本館(公衆浴場)でひとっ風呂浴び、二階の大広間で浴衣で涼み(秋風が最高だった)、外の店で地ビールで喉を潤し、さてさて今から松山の夜である。どこかおいしい店に出会えるといいな。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事