オバマの始まり。ブッシュの終わり。

2009年1月20日(火) 8:26:57

今夜25時すぎからオバマの就任演説の生中継がある。
歴史に立ち会う意味でも今夜は夜更かしかな。世界一強いプレッシャーに晒されている47歳のその細く孤独な姿を、同い年として、自分の目に焼き付けときたい。

「チェンジ!」を掲げて出てきたこの変革者の最初かつ最大の仕事が「金融問題の後始末&生命維持」であるのは皮肉だし不本意だろう。ここで失敗したら期待が異様に高い分バッシングも激しくなる。黒人層は強烈な陳情軍団として逆機能し、白人層は「そらみたことか」と反発する。逆に成功したらしたで熱狂が強くなりすぎるのが怖い。ヒットラーの初期みたいな熱狂にならなければよいが…。

とはいえ、彼が変革者としての役割を十二分に果たした未来をちょっと見てみたいのは確か。意外と日本にとって(国益的に)厳しい未来になるかもしれないが、いい意味で影響を受け、よりよい政治改革が起こらないとも限らない。お手本から学んで成長するのはお家芸。いい学びがあるといいな。

オバマが就任式を迎えるということは、ブッシュが今日を最後に去るということ。

彼が大統領をしていた8年、39歳だったボクは47歳になった。
遅々としていながらもそれなりに経験を積み、一見「最低」に見える出来事にも、その裏にはいろんな事情や哀しみや努力があることを知った。物事を一面から見て決めつけるのではなく、多面的に見て慎重に判断するようになった。若い時には見えなかったことがずいぶん見えるようになった。
そういうこともあって、ヒトを一方的に断罪したり責めたり嫌いになったりすることがほとんどなくなった。年ごとに(自分なりに)謙虚になるし、普通のことを普通に淡々と実行する人を尊敬するようにもなった。

でも、そんな8年の成長を経た今でも、やっぱりブッシュは一方的に嫌いだ(笑)
これは理屈ではなく感情なのだな。本音を言うとオバマの始まりよりブッシュの終わりの方がうれしい。彼の時代が終わって本当にウレシイ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事