YOSAKOIソーラン祭りフォーラム

2006年10月 1日(日) 17:41:28

昨日は知床。
昼過ぎに斜里に集合して「2006 YOSAKOIソーラン祭り参加者フォーラム in しれとこ」でのシンポジウムにパネリストとして参加。600人を前にこれからの祭りのあり方についてパネル・ディスカッション。なんだかあっという間に札幌のこのお祭りとの縁が深くなった。来年のYOSAKOIソーランの進化・改善に少しでもお力になれれば、と思う。

パネリストというのは初めてやったがなかなか面白い。舞台からの景色(観客がいっぱいいる)にさえ慣れてしまえばだけど。昨日はわりとすぐ慣れれたのであまり緊張せずに済んだ模様。他のパネリストが教授とかだったのでボクみたいな浮ついた仕事をしてる人がうまく馴染めるか心配したが、杞憂に終わって良かった。楽しかった。

ウトロに移動して知床第一ホテルに入る。20年近く前に泊まったことがあるのだが、そのときは小さくてとても素朴なホテルだった。プレハブに毛の生えたみたいな印象。でも、趣深い岩の露天風呂があって、降りしきる雪の中で浸かった記憶がある。あの露天風呂はよかったなぁ…。近くに熊の湯があったがアレはまだあるのだろうか。
その素朴だったホテルもいまは巨大豪華ホテルになっている。いやぁビックリするくらい巨大だ。メインダイニングなんて7〜800人は入る感じ。体育館みたいなバイキング食堂で、並べてある料理もすごい数。売店もでかいし風呂も広大。どっかの資本が入ったのかな。世界遺産効果なのだろう。

午前中は知床世界遺産クルーズに参加してカムイワッカの滝まで(だいたい想像したとおりな感じだった)。
今日の知床は地元の人も驚く快晴温暖。クルーズ船の上でもTシャツ一枚でオッケーな感じ。ラッキーだ(晴れ男!)。
船を降りてホテルで昼飯に海鮮丼を食った後「近くにうまいラーメン屋がある」という情報を知り、急いでハシゴ。「くまのや」という居酒屋。スープがよかった。で、腹いっぱいのまま女満別空港からいま札幌に移動してきた。ちょっと楽しみな打ち合わせが待っている(というか実質的にはメシ)。塩ジンギスカン。初めてかも。タレに漬けないのはいいなぁ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事