さよなら、Autumn in Newyork

2005年10月27日(木) 21:21:22

深夜メシをしたというのに、なんとなく小腹が減って6時に目が覚める。朝メシ食べつつ街でも散歩するか、と外へ。今日も快晴っぽい。日本に仕事の電話しながら歩いていたら電話を持つ手が1分で凍えた。もう冬だ。Autumn in Newyorkはまたたく間に過ぎ去ってしまった。

足は自然と数ブロック下がってソルロンタン屋へ。いままで十数回のNYで結局この店に一番来ているかもしれない。毎回一回は必ず朝メシに来る。これから長時間ヒコーキに乗るのにキムチ臭いとお隣さんに迷惑かなと思いつつ「カムミオ」のキムチはうまいので思わずお代わり。あーあ、これでお隣に美女が来ても話も出来ん。

本来なら明日こっちを発つはずだったが、日本での仕事がすごいことになっているので一日繰り上げて出発。仕事の嵐が帰国後に待っていると思うと相当気が重い。休む間もなく大阪出張まであるし…。ということで、そろそろBryant Park Hotelを離れる。窓の下のBryant Parkは週末からスケートリンクになるようだ。もう工事も終わり、客を待つばかり。Winter has come!(ロックフェラーセンターのリンクはとっくにオープンしてるけど)

今回のテーマはモンティ・パイソンの名曲「Always look on the bright side of life♪」だったな…。

Life is quite absurd.
And death's the final word.
You must always face the curtain with a bow!
Forget about your sin - give the audience a grin.
Enjoy it - it's your last chance anyhow!

Always look on the bright side of life!
Always look on the bright side of life!

人生のブライト・サイドばっかり見て生きよう!

ってことで、JFK空港へ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事