初ソウル(3)6軒食べた

2004年11月15日(月) 11:08:27


結局昨日は6軒。朝メシにソルロンタン(牛骨スープ)、昼メシにスンドゥブチゲ(豆腐鍋)、夕メシにプテチゲ(部隊鍋)、夜メシにデジカルビ(豚焼肉)、深夜メシにメウンタン(海鮮鍋)、そしてバーでひと飲み。食い過ぎ? 全部印象的だったが、特にびっくり美味だったのはデジカルビ。ソウルでも一番と紹介されたその店は地元民で溢れかえる安い店で、それはもうめちゃうまな上に7人で9000円と激安。参りました。実にうまかった。

スンドゥブはかぜ耕士さんがLAで食べたのが忘れられないと言っていたけど、実はLAの方がスンドゥブはうまいとソウルでも言われているらしい(笑)。で、LAのチェーン店がこっちで出来て、それが流行っているとか。昨日は違う店に入ったけど、これも日本で味わう数倍美味。
プテチゲは残り物みたいのをいろいろ入れた上にインスタントラーメンを入れる辛い鍋(麺だけ入れる)。このインスタントラーメンが意外とチゲに合ってうまいのだ。こっちのラーメン屋はインスタントラーメンを使っているのがわりと普通と聞いた。でもチゲに入れるとここまで引き立つとはなぁ。家でやってみよう。

京東市場と馬場洞畜産物市場と長安坪に足を伸ばしたが日曜で少ししか開いてなかった。特に馬場洞はすさまじい雰囲気らしいので(牛の頭とかポンと置いてあったり通路が血まみれだったりするらしい)、ちょっと期待したのだが残念。その後、仕事の下調べにデパートとか電気屋も回った。だいぶソウルの消費事情が掴めてきた。今日から三日間が本番。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事