NY出張(14)つまらなくなったニューヨーク

2004年2月 1日(日) 7:39:29

久しぶりにソーホーを隅から隅までなめるように歩いてみた。
最先端のアート発信地から先端ファッション基地を経て、いまは単なるおしゃれなショッピング街と言ったところ。ギャラリーの数も減り売れ筋作家しか置いていない。買い物には便利だが、ハッキリ言ってツマラネー。ノリータやイーストビレッジがちょっとだけ面白いのが救いだけど、とにかくどこもかしこもチェーン店だらけ。ショッピングモール状態。テーマパーク化著し。

ランチは旧知のEngin(NY不法滞在日本人ストリートダンサー)とその彼女ミチヨ(美形)と、アッパーウェストにキューバン・チャイニーズを食べに行った。うまかった。カストロに追われてNYに集まった中国人が作るキューバ系ラテンテイストが入った中華料理なのだが、普通の中華とは明らかに違う方向性で、いい感じでジャンクなのだ。滞在中にもう一軒くらい行きたいぞ、キューバン・チャイニーズ。

Enginたちも口を揃えて言う。「NYは普通の街になりました」「面白くないので帰国しようかと」「911以来、何かが変わりましたね」と。やっぱりそうなんだな。肌で感じるもん。ボクたちがNYに期待しているトンガリがなくなってしまった。中指押っ立てて迫ってくる乱暴さや活力ややんちゃさがどこにも感じられない。お行儀がよい。変革しようという意志がない。守りに入った頭の固さが見え隠れする。

911のトラウマもあると思うが、ブッシュになってからの「圧倒的ナンバー1としてのアメリカ」みたいな地球共通認識が、この街にあったある種のハングリーさを消してしまったのが大きいかも。「可哀相なテロ被害者なんだけど、一番強い国の一番活気ある街がボクちゃんなのさ。アイム・ナンバーワーン! エンジョイ・ユア・ステーイ!」みたいな…。

うーむ……この街はしばらく復活しないかも。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事