イラク現政権は絶対的に死刑に値するのかどうか

2003年3月 7日(金) 10:27:39

イラク攻撃に真っ向から反対しているフランスとドイツは死刑制度全面廃止国でもある。アメリカ、日本はもちろん死刑制度存置国。「自ら更正するチャンスを持たせるかどうか」という意味で、この戦争は死刑制度論争と似ているところがあるね。イラクは(イラク現政権は)絶対的に死刑に値するのかどうか。10000個の核弾頭を持っているアメリカが、大量破壊兵器保有という疑いだけで一方的に死刑宣言する権利をなぜ持っているのか。イラクに更正のチャンスは本当にないのか。

現政権を打倒して民主国家を作ることこそ更正である、死刑ではないとブッシュは言うかもしれない。でも、それは更正ではなく、ロボトミー手術(洗脳手術)だろう。日本も昔それをやられて自分では何も考えられない国になった。今回もひたすらアメリカに追随している。可愛いペットちゃん。アメリカは日本への手術を成功例として、イラクを手術・ペット化しようとしているが、イスラーム国家にその手術の効果があるのかどうかは疑問。

すでに落とす必要がなかった原爆を落として日本に麻酔(戦意喪失)をかけ、手術しやすくしたアメリカ。今回もそういう手続きを踏もうとしている。それも先制攻撃してまで。

彼らに「その方が手術しやすいんだもーん」と原爆を落とされた痛みを誰よりも知っているこの国が、この戦争 or 鎮圧 or 虐殺に参加する理由を、あなたは子供に説明できるか。外国に説明できるか。 被爆者に説明できるか。

明日はピースウォークだ。
http://www.worldpeacenow.jp/

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事