トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > Mu-Hung(夢飯)

Mu-Hung(夢飯)

lv3.gif

東京都杉並区西荻北3-21-2 徳田ビル1F
03-3394-9191
11〜22/無休


海南チキンライス & マレー風カレー。
むーはん。

シンガポールのチキンライスがうまいらしいということは10年以上前から聞いていた。
友達がシンガポール好きだったからである。その友達は「とにかくシンガポールに喰いに行け」とうるさかった。

なんでも、鶏のスープで炊き込んだご飯の上に茹でた鶏肉を乗せたものらしく、日本のケチャップ味のチキンライスとは別物らしい。あんまりうまいうまいと騒ぐから、その当時よく行っていた東南アジア料理の店でリクエストして作ってもらったのを覚えている。そのときは「まぁ鶏ごはんだね」程度の感想だった。

それから数年経って、ある店でようやく本場のシンガポール・チキンライスを食べた。
その名も「海南(はいなん)チキンライス」。中国のリゾート地・海南島から生まれてシンガポールに伝わった料理だということで、その名前がついているらしい。これがシンガポールでバカ受けしたわけね。初めて食べた感想は「なるほど! いや、これはマジうまい!」であった。コクがあって、さわやかで食べ飽きない。

で、この店は日本で初の海南チキンライス専門店だそうである。
なんでもシェフが違う店をやっているときにお客さんに出したら「夢のようにおいしいご飯だね」と言われたということで「夢飯」となったらしい。

メニューはいろいろあるが、初めてなら何はなくとも「海南チキンライス」(大880円)か「海南フライドチキンライス」(大980円)を。前者は茹で蒸しチキン、後者は揚げチキンが鶏のスープで炊いたご飯(タイ米)にのっている。茹で蒸しは滋味溢れるし、揚げチキンは外がパリパリ、中はしっとりで、どちらも甲乙つけがたい。

これを3種類のソース(中国しょうゆ、チリ、生姜またはレモン)で食べるのだ。

チキンをそれぞれにつけて食べてもいいし、混ぜてかけてしまっても美味しい。また、トッピングも充実しているのでいろいろ試すと楽しい。中でも、もしパクチーが苦手でなければ、チキンライスにとても合うのでぜひ。


ただ、ここは「マレー風カレーライス」もあって、これがまたとてもうまい。
トマトがさわやかに効いていてバランスがいい。カレーライスの専門店やっても流行るのでは?というくらい完成度の高い味なのだ。

ボクはいつも「海南チキンライス」と「マレー風カレーライス」のどちらを取るか迷ってしまう。ううむ…。
だからこの店に行くときは友人を誘って、ひとりは「海南チキンライス」、ひとりは「マレー風カレーライス」をとって、一口ずつ分け合ったりするのが正解かもしれない。

西荻店以外に、愛宕(西新橋)と西麻布(広尾)に支店がある。


2005年11月初訪問。再訪多数。(上記は初訪問時の感想)。


 ●愛宕支店
 東京都港区西新橋2-15-12 日立愛宕別館 B1F
 03-3591-6558/11〜17/土日祝休

 ●西麻布支店
 東京都港区南麻布5-2-39ニュー東和ビル 1F
 03-5789-0177/11〜15/17〜23/火休


Mu-Hung
※クリックすると拡大表示

2006年08月31日(木) 12:08:12・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール