トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > とんかつ やまいち

とんかつ やまいち

lv5.gif

東京都千代田区神田須田町1-8-4 玉井ビル
03-3253-3335


とんかつ。

「神田須田町1-6-1」の「勝漫」でとんかつを揚げていた物静かな職人さんが独立し、ここ「やまいち」を開店した。2007年8月20日開店。

「勝漫」はボクが東京トップに好きなとんかつ屋のひとつであった。
ご主人、てっきり「勝漫」のオーナーだと思っていたのだが、雇われだったようである。

で、そろそろ辞めたいと周囲に漏らしたら「独立しろ」とせきたてられたとか。ただ、ご主人、わりと弱気だったようで「自分なんかが独立しても成功しない」とあくまで謙虚。でも常連さんをはじめ、強く勧める人が何人かいて、「勝漫」から程近い今の場所に店を開くに至ったようである。「勝漫」に近すぎるこの立地は別に他意はなかった模様。なお、現在の「勝漫」は、ホテル・オークラの社員食堂で働いていた方が受け継いで揚げていると聞いた。未訪問。

新規オープンまもなくに出かけた。
味は「勝漫」と変わらない印象。

大好きな「特ロースかつ定食」を頼む。定食で2000円。以前より100円安くなったかも。
大きなとんかつは食べやすいように包丁が多めに入れてあり、山盛りのキャベツと大きなパセリ、丼ご飯と味噌汁、それに漬物、という構成。
これにテーブル上のあっさりしたソースをつけて食べるのだが、おろしポン酢もサーブされ、そのおろしポン酢でかつの脂身の部分を食べるとちょうどいい味になる。脂のうまみとおろしポン酢のさっぱり感がうまく合う。また柚子胡椒も容易されていた。これは以前はなかった気がする。これで食べるのも衣がサクサクのままでおいしい。

全体にここのとんかつは香りが素晴らしい。
衣もしっかりしていて剥がれず、サクサク音がする揚がり具合。
聞けばサラダ油とごま油のブレンドで揚げているらしい。なるほど。ごま油か…。あっさりもたれずサクサクなわけはそこらしい。ラードで揚げたとんかつが好きな方はご不満かもしれないが、歳とともにこういう感じがよくなってくるのも確かである。なんかいくらでも食べられそうなあっさり感。

残念だったのはご飯。
以前の店ではご飯がとても良かったのだが、今回はちょっと不満足な出来。でもこれは新しい厨房と機器に馴れてくるにしたがって良くなってくるだろう。
漬物はよい。テーブル上にらっきょうと梅干しが置いてあり自由に取れるのだが、これらの出来もとてもいい。

なお、単品でいろいろ組み合わせて定食を作ることもでき、ご主人は(他のお客さんに)それを勧めていた。メンチや海老、それに一口ヒレとか組み合わせて、400円を足して定食にするパターン。なるほどそれもいいかも。
ちなみに名物だった「大カツ丼」がメニューになかった気がしたが、見落としたかもしれない。

そう、それと、単品の種類が減った気がする。
以前は貝柱のコロッケ、海老団子揚げ、ヒレのにんにく焼き、ロースのにんにく焼き、純レバーなど、もっといろいろあった気がする(上記のいくつかはメニューに残っていたが)。ちょいと惜しい。

カウンター4席、大テーブルひとつ(8席)、2人掛けのテーブルひとつ。
大テーブルの感じが依然といっしょ。というか、キャパ的には2席増えただけである。たぶん、謙虚なご主人、この席数が自分には精一杯と判断されたのかもしれない。

相変わらず、東京でトップクラスに好きなとんかつ店だと実感。
引退されなくて良かった。独立して店を続けるように口説いてくれた方に感謝。


2007年9月訪問(以前の店は01年1月から再訪4回)



拡大地図を表示


2006年08月23日(水) 21:09:35・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール