トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > 布恒更科

布恒更科

lv5.gif

東京都品川区南大井3-18-8
03-3761-7373
11.30〜15/17〜19.45/日休


蕎麦。
ぬのつねさらしな。

昭和38年開業。大森にある名店。大森はボクのふるさとであることもあり、ちょっと偏愛している。

店名通り更科系。
季節ごとに仕入れる蕎麦をかえ、店内の石臼で細かめと粗めの二種類に挽いてブレンドしているらしい。おだやかかつ香り高い蕎麦でみずみずしくとてもうまい。

自家製粉による「荒挽き」「生粉打ち」「更科」のみっつはいつもどれを頼むか迷う。

もしアナタが初めてだったらぶっとい「粗挽き」とちゃんと香る「更科」かな。
「荒挽き」はうどんより太い蕎麦で蕎麦がきを食べているようだが、インパクト強くとてもうまいし、「更科」は真っ白できれいなのに蕎麦の香りが弱まっていない。でも個人的には「生粉打ち」が好き。一番バランスがいいかも。また、他にも豊富に「変わりそば」が用意されている。これも悩みどころ。

季節ごとの種物も豊富で、特に天ぷらは下手な専門店よりおいしいのでそれを肴にお酒を飲んで最後に蕎麦でしめるのが正解。
白魚の天ぷらは絶品だしメゴチなどもいい。ハゼの季節もぜひ訪れたい。元は置屋だった建物を使っていて(この辺は元三業地)佇まいも非常によいので、出し巻きや焼海苔で長居したくなるのだ。お酒はなかなか充実していて、古酒まで用意されている。

蕎麦自体の量もとても多いので満足。量については女性には多すぎるほど。
他には変わり蕎麦も充実している。更科系独特の甘めのつゆ(濃いめ)だが舌に残らずバランスがいい。もりそば800円。季節の変わりそば1000円など。

97年1月初訪問。再訪多数。05年11月追記。


 ※長男の伊島始氏が2004年6月に独立して「築地 布恒更科」を開いた。
  蕎麦粉はこの店と共通だが、ブレンドせず、産地ごとに打っている。

  「築地 布恒更科」
  東京都中央区築地2-15-20/03-3545-8170/11〜15/17〜21/日祝休


布恒更科
※クリックすると拡大表示

2006年01月01日(日) 17:54:35・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール