トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > 佐賀牛 季楽

佐賀牛 季楽

lv3.gif

東京都中央区銀座5-4-6 ROYAL CRYSTAL GINZA 5F
03-5568-7080
11.30〜15/17〜23
無休


季楽と書いて「きら」と読む。
正確にはJA佐賀経済連直営「佐賀牛 季楽 銀座」。

佐賀にある「さが風土館 季楽」の姉妹店。2005年の秋に出来たばかりの店のようで、基本的に働いている人も佐賀出身者っぽい(テーブルについたサービス係がそう言っていた。ちなみに彼は東京出身で肩身が狭いとか)。

佐賀のJAが経営? さが風土館の姉妹店? 銀座のアンテナショップ? 観光客誘致系? しかも「季楽」で「きら」と読ませるってセンスどうよ?……、と、わりとおっかなびっくり入ったのだが、なかなかどうして素晴らしかった。

特に「せいろ蒸し」。
鉄板焼きのカウンターとテーブル席に分かれていて、ボクはテーブル席で「せいろ蒸し」をいただいたが、これがめっちゃくちゃうまかったのだ。

佐賀牛のせいろ蒸し。

テーブルにどーーーんと大きなせいろが出てきて、野菜をたくさん敷いて蒸した上にしゃぶしゃぶ用っぽい薄切りの佐賀牛を乗せて蒸すもの。うまみがどこにも逃げないから、香り・味ともに絶品。しゃぶしゃぶよりずっとうまい肉の食べ方だなぁと思った(しゃぶしゃぶは脂を抜いてくれる良さはあるが)。

いやぁ、肉って奥が深いなぁ。
このせいろ蒸しは外国人に食べさせるときっとその味の深さに驚くと思う。

せいろ蒸しコースは9500円と13500円。
違いは佐賀牛の質。高い方はA5で安い方がA4だったかな。A4でも充分うまい。刺しが入りすぎてないし。
コースとしてもわりと完成度が高くて、前菜、刺身(玄界灘直送)、炊き込みご飯(鯛)、デザートとそれぞれがちゃんとおいしいのもビックリ。料理のレベルが高い。やるなぁ佐賀県。

そのうえワインが、一番高いのはオーブリオン11万とかあるけど、安い逃げ道として「バロン・ド・ロートシルト"SAGA"」が赤白用意してある(とはいえ6000円だったけど)。SAGAはフランス語で「伝説」みたいな意味。それを佐賀にかけてシャレで出したとのこと。でもちゃんとおいしいし、いいセレクトだと思った。

立地は銀座の三笠会館の真ん前で、特上。
一階にヴァレンチノが入っているビルの5階というすごい立地ながら、せいろ蒸しという優れた肉の食べ方で上等な佐賀牛(JAだから仕入れルートは完璧)をこの立地にしてはまぁまぁの値段で食べられるのはイイかもしれない。自腹ではなかなか厳しい値段だが、まぁ銀座のド真ん中だし、接待などに使う店でお困りの方にちょうどいいかも。

ちなみに昼もやっていて、せいろ蒸しランチが3800円。試しに行くにはちょうどいい(昼にしては高いけど)。

06年2月初訪問。再訪数回。


季楽
※クリックすると拡大表示

2006年08月09日(水) 9:15:36・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール