トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > 請来軒

請来軒

lv4.gif

大阪府大阪市淀川区十三本町1-2-6
06-6390-1739
11〜14/17〜23(土11〜23)
日休
4000円〜(高いのばかり頼むと1万円以上することもある)


焼肉。
ちんらいけん。もともとは中華料理店で、その屋号のまま1964年、焼肉屋に転向したそうである。

十三にある老舗の焼肉屋で、大阪ではトップクラスの肉質の肉を出す。
安い店が多い場所柄もあってか、それがとても安い。ちょっと入るのに勇気がいるような雰囲気の店ではあるが、おいしい肉にありつこうと思ったら入ってまず後悔はしないだろう。

この店の名物はゾウリ。
まさしく「草履」くらいの大きさのロースである。言い方を変えれば「極上サーロイン・ステーキ」ということになろうか。ご主人はためらいなくこう言う。「よその店で出してるロースはリブロースが多いな。でもリブロースはまずいねん。本当のロースはこういうの」と。ニコヤカに嫌みなくこういうことを言われると参ってしまう。
軽く炙って塩胡椒で食べる(出す前にさっとタレをくぐらせているので、塩胡椒で十分)。とろけるのに嫌みなサシではない。超上質。これが一番高いメニューだが4000円くらい。2〜3人で行って分けあいたい。

他にオススメを聞くと、ほとんどがメニューに載っていないもの。
常連ぽい人たちはみな、ご主人に「今日あるイイモノ」を聞いてオーダーしている。

ハネシタ、カイノミ、ミスジ、サンカク、イチボ…。

特にボクが衝撃を受けて毎回頼むのが、ハネシタとカイノミとミスジ。
生でも行ける品質で、肉の快感が詰まっている。

そしてはずせないのが最高品質のホルモン群。
特別ルートで仕入れているという新鮮な内臓群は圧巻だ。シマチョウ、上ミノ、ハラミ、ハツ、そして特に生レバー。あったら是非に。

普通のカルビ、ロースなどもうまい。テールスープなどもちゃんとおいしい。意外と良いのが焼き飯。しかもそれぞれ500円くらいからでコストパフォーマンスは最高である。
ただ、全体に量が多いので、あれもこれもと頼んでいるといっぱい出すぎて飽きてしまう(or 食べきれない)ことがある。オーダーには注意すること。

一階は赤いビニール椅子のカウンターとテーブル。二階は座敷である。
いろんなパターンを試したが、一階のカウンターに焼肉好きな男2人で陣取るのがベスト。分け合っていろいろ食べられるし、ご主人との会話もはずみ楽しいだろう。

店内、油でテカテカだし、ガスコンロでの焼きだし(炭火より失敗が少ないのでボクは好きだが)、肉は素っ気ないステンの皿とかボールで出されるし、全体にデートにも接待にも向かないが、純粋に肉のうまさを追求するなら日本でも最高の店のひとつ。

心して出かけたい。


94年9月初訪問。再訪多数。05年9月久々の再訪。


請来軒
※クリックすると拡大表示

2007年01月02日(火) 17:59:33・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール