トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > ビッグ・ママ

ビッグ・ママ

lv3.gif

東京都目黒区東山1-6-13
03-3710-8687
17.30〜25
月休


焼肉。
店名の英語表記は「Big Mam」だが、日本語読みはビッグ・マムではなく「ビッグ・ママ」とのこと。2001年頃開店。

焼肉屋というか、焼肉と居酒屋と焼酎バーを足して3で割ったような店。
ナンシー関が生前行きつけだった店として有名で、看板のママの絵もナンシー関の消しゴム判子である(似顔絵の横に「食べとるかね」とセリフがあの字で入っている)。ナンシー関が2002年に亡くなってからしばらく経ち、2005年頃からリリー・フランキーによるママの似顔絵も飾られるようになった。つまり、ナンシー関やリリー・フランキーが行きつけにするような店なのである。わかる人にはこれだけでいろんなことがわかると思う。

ここのママ、店名通りカラダがビッグ。
そして(最近は昔ほどでもなくなったが)なかなか態度もビッグで、馴れない客だと最初は少しビビるかもしれない。客への口調もちょっとぶっきらぼうだし、顔も怖い。料理もお願いしてやっと作ってくれる場合もある。でも時間が経つにつれ、その横柄な感じは単にシャイであるということがわかっていき、そのうち一緒にニコヤカに話している。そんな感じ。つまりはとてもいいママである。

元々は有名な屋台だった店である。
渋谷でずっと屋台をひっぱっていたあと、常連がカンパしてママに店を持たせたという。

料理は全体的にとてもおいしい。
オススメは生レバーと肉刺しと塩ハラミ。そして大振りな野菜焼き。
肉は全体にサシが多めだが、肉質はどれも最高。生で食べるのでごまかしがきかない。ピカピカの肉刺しである。生レバーとハラミの刺身は特にうまい。生で食べられるものを焼く焼肉もとてもよい。焼き物は店の外で熾した炭を使い、七輪で焼く。岩塩が振られている塩ハラミが一番好きだが、薄く切ったカルビもとろけるうまさ。ホルモンも新鮮で香りがいい。

野菜焼きで出てきたでっかい椎茸(直径20cm)は、アワビのような香りと肉質で感動的だった。ぶっといアスパラも美味。

〆は名物の卵かけご飯。
ここの店の卵はほとんどすべて「ふたご」である。どうやって選んでいるのかわからないけど、ほぼ90%はふたごらしい(運が悪いと普通の黄身になる)。それをかけていただく濃厚な卵かけご飯。うまー。

初めてなら5000円〜の「おまかせコース」がお得。
ママがその日おいしいものを見繕ってくれる。ただ「カルビ」「ホルモン」とか追加していくと7〜8000円くらいしてしまうので注意。他に2人用セット(ふたりで7800円)とか、ひとり飲み用セット(2500円:ナンシー関用に当時用意されたらしい)もある。

ちなみに飲み物は壁にずらっと並んだ焼酎がまずはオススメ。
ただ、面白いのは生ビール。カウンター横にある「全自動生ビールサーバー」で自分で注ぐシステム。コップをとって所定の位置に置くと勝手に泡の量もちょうどいい生ビールをマシンが作ってくれるのだ。注ぐ前に店員に自己申告すればオッケー。

ママと親しくなると、かなり居心地のよい空間になる。カウンターの食材越しにママとわいわい話すのがとても楽しくなる。ナンシー関もこうして話したんだろうな、と想像しながら(カウンターの左隅が彼女の席らしい)。

カウンター8席。テーブルに8〜10席程度。
中目黒駅から山手通りを北上。スターバックスを越えてブックオフを越えてすぐ左斜めに入る。そこから50mくらいの右側。

2004年7月初訪問。再訪5回ほど。



大きな地図で見る

2009年06月04日(木) 8:02:17・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール