トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > 京料理 八平

京料理 八平

lv4.gif

東京都新宿区荒木町3北島ビル3F
03-3341-3990
17.30〜23/日休(コース予約の場合は営業)
カード可
細い路地。以前あった店の路地正面の3Fに移転した。


割烹。
やへい。

東京で本格的な京料理を食べるのはそこそこ勇気がいる。
まず、肩の凝る料亭風な店 & 相当の出費を覚悟しなければならない。
相当な出費のわりに、繊細な薄味のそれは東京の濃味に慣れた人にはたよりなく感じ、意外と満足感が薄い。そのうえ来ている客は高齢で肩書き高そうな人が多く、20〜40代は居心地が悪かったりする。実際敷居が高い店も多い。

うーむ、面倒だし財布が気になるからやっぱ敬遠しておこう…。


そんなことをお嘆きの貴兄に。
ここは福音のような店である。

まず、気軽でカジュアル。
荒木町の路地の3階にひっそりあり、店内はわりとカジュアルな造り。
カウンターに6席ほどとテーブルいくつかという設えで、気軽で日常使いな雰囲気が溢れている。

次に、そこそこ安い。
ま、一般的な居酒屋ほど安くはないが、料亭風の店で数万払うのに比べたらずっと安い。
アラカルトでいろいろ頼んで8000円〜12000円。
お得なのはコースで、8000円、10000円のコースがある。もっと安いおばんざいコースもある。
旬の贅沢をしたいなら、ぐじ鍋コース(15000円)、松茸とはもしゃぶコース(15000円)などもあるが、これも相場を考えれば決して高くない。

そのうえ、単なる薄味ではない。
薄味・濃味で単純に物事は計れないが、でも、一般的に京料理は薄味。
もちろんこの店のも繊細な薄味なのだが、「わかりやすい薄味」というか、料理のポイントがしっかり主張してある薄味なので、東京の濃味に慣れた人でも理解がしやすいと思う(ボクは東京出身で、24〜38歳まで大阪勤務だったので、一応両方体験している)。

そして、場所柄もあってか若者でも歓迎してくれる。
ジーンズでもオッケーだ。
女将さんは着物で出迎えてくれるが、若者でも高齢でも対応に変化はない。メニューがわからなかったら丁寧に教えてくれるだろう。ある意味、京料理入門編としてとてもうれしい店になっているのである。

印象に残っているのは、

新玉葱のすり流し(素晴らしい)
鰯梅煮(ちゃんとしてる)
明石蛸レモン(深いうまみ)
賀茂茄子田楽(大きいのに味が濃い)
鱧焼き(鮮烈)
ぐじ焼き(皮のカリカリと身のふわふわの二重奏)
合わせ味噌味噌汁(基本的なのにこんなにうまい)
湯葉あんかけご飯、(絶品)

あれ? ほとんど全部?(笑)

瀬戸内・若狭・明石から直送される魚だけを使っているとのこと。
もともと京都の割烹「八平」(閉店)の二代目だという店主だから、きっといい仕入れルートをキープしているのだろう。

ただ、目の前のビルに移転して初めて訪問したとき、カウンターに座っていただいたのだが、ご主人の怒鳴り声に何度も会話が止まってしまった。ものすごく怖い顔と大声で従業員を叱る。それも何度も何度も。たまたま機嫌が悪かったのかもしれないが、落ち着かないこと甚だしかった。それはとても残念。

※2006年末に目の前のビルの3階に移転した。


2006年6月初訪問。08年4月最新再訪。



大きな地図で見る

2006年08月10日(木) 7:49:16・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール