トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > とらや

とらや

lv3.gif

北海道札幌市中央区大通西28丁目
011-611-7688
12〜14.30/18〜23
不定休


割烹。

店名が一瞬「羊羹屋?」と思わせるが、割烹である。
円山の「すし善円山店」の斜向かいにある小さな店。出張中でも旅行中でも心からホッと出来るだろうと思わせる良い店だった。

とかく魚を売りにする店が多い札幌だが、この店の売りは野菜。
そう、北海道は野菜もうまいから、こういう店がもっとあってもいい。

印象的なお皿がいくつもあった。
各種盛り込んだ前菜もとても良かったが、次に出てきた「15種類の野菜のおひたし」が特に印象的。少しずつ15種類、野菜を鮮烈なおひたしにして舌と目と脳を楽しませてくれる。
他にも、アスパラを使った飛竜頭も良かったし、タラの芽とウドの天ぷらも良かった。笹竹を使った土鍋炊き込みご飯もなかなか。野菜だけでなく、刺身や時鮭の塩焼きも満足できるものだった。

全体に焦点が来ている薄味で、ご主人に「関西で修行されましたか?」と聞いてしまったくらい。でもずっと北海道だそうである。ちょっと線が細い部分はあるものの、いい意味で若くて新鮮な、いい割烹だった。

なによりいいのはこれだけのコースで6500円というその値段。
他に4500円と5500円のコースもある。それどころか「おまかせ」で2500円のコースもある(これはご飯抜きのおつまみコース)。東京より食材が格段に安いということもあるだろうが、それにしても安い。まぁ「安い食材を使った店はそれなりのものでしかない」と思われる方には向かないかもしれないが、ボクはうれしかったし、楽しんだ。

器もいい。
陶器はすべて作家物。食材の色、料理の方向性などときちんと合わせて完成品として出される。格安な割烹とは思えない演出にちょっと感動する。漆器もいい感じだったし。そのうえトイレにシャガールの本物が飾られていたりもする。とはいえ、全体にバブリーな感じは微塵もない。サービスもよく、カウンター内のご主人も若手料理人も無口だけど穏やかな笑顔で気持ちよかった。

奥にテーブル席などもあるようだが、旅人には入り口すぐのカウンターがオススメ。ご主人の動きを見ながらゆっくり食べられるので、ひとり旅でも楽しい。


2006年6月訪問。



拡大地図を表示

2007年08月30日(木) 20:53:17・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール