トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > なべ家

なべ家

lv4.gif

東京都豊島区南大塚1-51-14
03-3941-2868
17〜21.30/日祝休
15000円〜


料亭。

江戸料理を守る老舗。
月ごとにコースがだいたい決まっている。

4月   :ねぎま鍋コース
5月   :木曽川 川鱒コース
6〜9月 :郡上 あゆ塩コース
8月   :あわびご飯コース
9〜10月:松茸 落あゆコース
11〜3月:蓬莱鍋コース、ふぐコース


たとえば郡上の鮎コース。
6月初旬に食べたが、鮎釣り師であるボクを持ってしても(ってそんな偉そうなもんではないけど)、これほどうまい鮎を食べたことがない。聞けば郡上の天然もの。毎日空輸するらしい。焼き方も完璧。実に香り高くうますぎる。鮎のコースは15000円もするのだけど、(希少価値も含めて)頷ける味。ちょっと量的に不満はあるが…。

もしくは4月のねぎま鍋コース。
大トロをどしゃどしゃ鍋にぶちこむ豪快なもの。脂っけもいい感じに抜けて実にうまい。何よりもラストの汁かけ飯が印象的。

あるいは冬のふぐコース。
築地の「ふく源」と同じ仕入れだというから、東京で手に入る最高のフグを使っている。さすがに刺身はいままで食べたことのないレベル。
ただしこのふぐコースに関してはいままでで唯一不満が残っている。てっちりは身も少なく味も普通。雑炊も快感が足りない。これで食事だけで35000円した(高っ!)。

ちなみに、標榜している江戸料理は、デザートに出た凍り豆腐(豆腐を寒天で固め黒蜜をかけたもの)くらいしかわからなかった。


雰囲気やロケーションは完璧。
二階建ての一軒家料亭で、一階の座敷もいいし、二階の座敷・洋風座敷(イス席)などもそれぞれ趣がある。座敷で日本を味わうなら東京でも屈指の店であろう。

個人的にふぐは納得いかなかったが、全体に季節ごとに「行きたいなぁ」と思う店。


01年6月初訪問。再訪2回。


※隣にバーが出来た。
 「なべ家」の娘さんのダンナさんがやっているらしい。
 店内ちょっと凝った造りで、レトロモダン系。
 「バー S・A・M」豊島区南大塚1-51-15/03-3947-1358/19〜26


なべ家
※クリックすると拡大表示

2006年02月05日(日) 10:09:27・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール