トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > 一心

一心

lv3.gif

宮城県仙台市青葉区国分町3-3-1定禅寺ヒルズB1
022-261-9888
17〜24
日休


居酒屋。

宮城の地酒を中心に置いた名店。
かの太田和彦氏はこの店を「東の横綱」と呼んでいる。仙台に行ったら一度は訪れたい。

ビルの地下1階に下りると、「一心」(本店)、「一心 加減燗」(別館)、「一心 光庵」(離れ)と3店ある。
どれがどれなのか初心者にはわからないが、一番手前左にある「一心」が本店だ。
ちなみに別館の「加減燗」は湯煎式燗銅壷がカウンターやテーブル席についている燗酒専門店。加減燗として、5℃から55℃まで、5℃刻みで燗を作り分けてくれる。たとえば、雪冷えで5℃。常温で20℃。人肌燗で35℃。ぬる燗で40℃。熱燗で50℃。そんな感じらしい。冬に行ったら楽しいだろうな。そして、離れの「光庵」はすべて掘り炬燵式の個室になっている宴会場である。


本店はカウンターと小上がり(5卓)の小さな店。
全体に黒っぽい木造で雰囲気はとてもいい。カウンターの中が見えにくい作りなのは多少さみしいが、独りで落ち着くにはこれはこれでよい。

置いてある酒は宮城の酒が中心だが、よく見ると東北もたくさん。いや全国の銘酒も置いている。
いままでいただいた中で印象的だったのは、「一心」のラベルがついている「伏見男山 純米大吟醸 中汲み」。この店でしか飲めないらしいこの酒の鮮烈なこと。それと「日高見 純米純吟 愛山」。このフルーティさはたまらない。東日本大震災1ヶ月半後に訪れていただいた「日輪田」、「乾坤一 蔵の風」、「伯楽天」も素晴らしかった。特に「伯楽天」は「本品は東北地方太平洋沖地震の震災より無事救出されたお酒です」という紙が貼ってあった稀少なもの。

他にも日本酒は目移りするくらいいろいろ揃っているし保存も良い。店の人によく訊いて選ぶと良い。

そのうえこの店、突き出しがおいしい。
マグロとボタン海老とホタテの刺身三種。ドンッと出てくるので、まずはそれを肴に一杯となる。ボタン海老は活けで、びたびた暴れる新鮮さ。

メニューは産地や生産者の名前とともに書いてあり、絶対のオススメは「ばくらい」(ホヤとこのわたを凍らせた珍味。めちゃうまい)、「十穀みそ」(これもクセになる美味)、「定義山の油あげ」。他にも「珍味盛り合わせ」、「活穴子白焼き」、「タコの柔らか煮」、「野菜の炊き合わせ」など、いろいろ美味だった。
酒がうまい上に料理がうまい。どれもこれもちゃんとおいしかった。しかも酒が進むようにか少し塩がきつめ。

大震災1ヶ月半後でいただいた「宮城県産活アワビ」は忘れられない。
たぶん、津波をかぶったアワビ。実に美味しかった。

サービスも厨房内も意外と若い。もっとオジサン系かと思っていた。
サービスは女性(女将?)が親切。他の若い男性は少々ビジネスライクだが、女性の方は(手が空いていれば)いろいろ教えてくれて楽しかった。(柳澤務衣さんという若い女性が社長で、そのお母さんが隣の「燗」の社長らしい)

仙台の物価はわからないが、居酒屋としてはわりと高めかも。
普通に飲んでひとり8000円〜10000円は覚悟したい。

まぁいずれにしても、基本的に酒と料理のレベルが高い良店。
下手な店に行くより、ここで粘った方が結果的には得する感じではある。


2008年7月訪問。11月再訪。
2011年5月再訪。



大きな地図で見る

2008年11月02日(日) 23:07:37・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール