トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > ロマンティコ

ロマンティコ

lv4.gif

東京都港区白金台5-14-8 タイニービル2F
03-3446-2484
12〜14/18〜21.30
水休
夜:コース6500円
※カード不可


イタリアン。

オープンキッチン、カウンター10席のみのリストランテ。
白金台の路地のビル2階にひっそりある店であるが、とてもレベルの高い料理を作っている。

しかもシェフひとり。サービス人もおらず、全くのシェフひとり運営。コース(6500円)のみではなくアラカルトもあるので、10席とはいえ席が埋まったらかなりパニックになると思うのだが、シェフはあくまでも落ち着いてマイペース。もう精神的に一回転していて「出来ることだけ着実にやろう。というかそれしかできん」みたいな境地に達しているような印象。その泰然自若な様子を見ながら慌てず騒がずゆっくりと食事を楽しめる客だけに行って欲しい店である。
いや、段取りが悪いわけではなく、逆に見事な段取りで切り回しているのだが、とにかく「ゆっくり」「素っ気なく」みえるシェフなのだ。

料理はすばらしい。
伺った夜はシェフと相談しながらアラカルトで構成をしたのだが、前菜にいただいた「アジとオクラのマリネ」の素晴らしさ。器も盛りつけも素っ気ないのだが、思わず「おかわり!」と言いそうになる美味だった。
「イベリコ豚のグリル」もよかったな。シンプルな料理なのだが、焼き加減が完璧。他の客の注文に手間取っていたので「ちょっと火にかけすぎてない?」と心配になったが(オープンキッチンなのですべて見えてしまう)、きちんと計算され、目が届いていた模様。
デザートもパンも自家製で、特にデザートは「パティシエやってました?」レベル。

中山シェフは広尾の「hAru」より独立。その前に修業先として「アントニオ」にいたらしい。その後フレンチなども経験。店のサイトを見るとこんなことが書いてある。

料理の世界に飛び込んで20年
20代の頃は、ひたすら
本当のイタリア料理とは?
と追い求めました。

30代に入り迷いは深くなり
答えをフランス料理に求めました。

料理が人の作り出した文化である以上
その時代の波をもろに受けるのでしょう。
EUの出現により事実上国境のなくなったイタリアや
フランス、スペイン等の国々
作る自分は日本人

40近くなっても考える事はいっぱいあります。
お客さんを目の前にして、
どう変わっていくのか?
今はもう茫然たる水平線を前にして漕ぎ出すだけです。
あぁ、こういう風に考えているシェフなのか、と、妙に納得。 味的にもだけど、シェフはどこか「ストイックな苦行僧」を思わせるところがあるのである。客と距離を置き、自分と相対しているところがある。それなのに客の肩が凝らないところはお人柄。素っ気ないけどどこか温かい。


一見冷たい内装もこのシェフならでは、という感じがする。
コンクリートの打ちっぱなしにステンレスのオープンキッチン。斜め一直線のカウンター。広く開いた大きな窓。そしてとてもいい椅子を使っている。素っ気ないけど居心地がいい空間なのだ。

ワインもシェフと相談しながら決めると良い。安価なもので料理にあうものを選んでくれると思う。

ちなみに全席禁煙。
当たり前だけど、すばらしい。


2007年5月訪問。



拡大地図を表示

2007年09月02日(日) 11:25:00・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール