トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > enboca

enboca

lv3.gif

長野県北佐久郡軽井沢町南原3874-5
0267-44-3301
11.30〜14.30/17.30〜20
水休


イタリアン。
エンボカ。

すっかりグルメ・ストリートと化した塩沢通りの中程、「離山房」と「エルミタージュ・ドゥ・タムラ」の間の路地を入った突き当たりにある一軒家レストラン。森の中にあるその雰囲気がまずは良し。友人の別荘に来たような気分にさせてくれる。

食事の部屋はいくつか分かれている。
正面向かって右側の、靴を脱いで別荘のリビングに入る感じの部屋。左側のピッツァの薪釜があるガラス張りの部屋。そして夏は庭のテーブル。使い分ければリピートしても全く別の店に来ているような感じになり飽きないだろう。
右側のリビングはとても親密でくつろげるし、左側のカウンター席やガラス張りのテーブル席は昼間に食べると実に気持ちよい。

売りは薪釜のピッツァと窯焼きの野菜、そしてベルギービール。
ボクはベルギービールのヒューガルデン生が好きなので、思う存分これを飲みつつピッツァを食べられるのはうれしい限り。

一品ものも充実していて、まずは生ハムやチョリソ、サラミなどをいただいてビールをがぶがぶ行った後、旬の野菜を薪釜で焼いてもらうのが良いかも。野菜がとてもおいしいレストランだ。地物温野菜の盛り合わせなども美味。自家製のピクルスなどもとても良い。

ピッツァは生地が抜群。もちもちでふわふわ。どうせリゾート地のピッツァだと高を括っているとびっくりすることだろう。かなりレベル高し。
いろんなトッピングも選べ、種類も豊富。特に旬の野菜をふんだんに載せたピッツァはオススメ。あと、クワトロフォルマッジもとっても美味。軽井沢でこのレベルが食べられるなら文句なし。

デザートもいろいろ揃っていて、これまた旬の野菜を使った意外なシャーベットもあったりして唸らせる。

全体に環境、料理、酒を三拍子揃ったいい店だ。
あえて言えば、ちょっと高めではある。が、季節で客の入りの差が激しい軽井沢だから仕方ない部分もある。

2007年秋には東京は代々木上原に進出したらしい。
メインのシェフはどっちにいるのだろう。味が落ちなければいいが、と、それだけが心配。

 enboca東京
 東京都渋谷区元代々木町16-16
 03-5452-1699
 17.30〜22
 火休


2007年5月訪問。



拡大地図を表示


2008年01月02日(水) 18:37:30・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール