トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > ティオ・ダンジョウ

ティオ・ダンジョウ

lv4.gif

東京都渋谷区恵比寿1-12-5 萩原ビル2F
03-5420-0747
17.30〜24/日祝休
4000円〜
カード不可


スペイン料理。
店名のダンジョウはシェフの名前「壇上桂太」から。
1995年開店で日本のバルとしては老舗に近い。

もともとホテルのフレンチレストランに勤めていたシェフが独立を考えていたときにスペインをたまたま訪れ、そこでバルの魅力にとりつかれてこの店を作ったと聞く。日本人向けにアレンジしたものではなく、現地のモノを現地のスタイルで提供したいとこの店を始めたらしい。

階段を上がって店に入ると、カウンターにうまそうな大皿がたくさん並んでいる。そう、この雰囲気が他のスペイン料理店にはなかなかないものなのだ。テーブルもとても賑わっており、彼が目指したバルのイメージを彷彿させる。まだインテリア的にバルを完全には再現できていないが、それに近い空気は確実にこの店にあると感じた。

タパスはどれもおいしいが、煮込み系のどっしりとした味が特に印象的。量もたっぷり。どれもいい意味で乱雑で勢いのあるもの。わいわいワシワシと食が進む。

ワインの品揃えはスペインものを中心にかなりのもの。カバとかトロとかはもちろん、珍しいのも多い。壇上さんにいろいろ聞いて選ぶととても楽しい。安いものから高いものまでバランスよくオススメしてくれる。スペイン産のチーズも充実していておいしい。

スペインワインを数皿のタパスと共に楽しむには最高の店のひとつだろう。都内のスペイン料理店では一番好きかも。

シェフは毎年秋にスペインに行き本場の味に触れてくるという。そこで仕入れた料理やワインを楽しめるのは秋の終わりか冬である。常連はそこを狙うというから、その季節は予約はまずとれないらしい。

04年7月初訪問。再訪1回。

※店の1階に「ティオ・ダンジョウ・バル」が2005年秋にオープン。
 立ち食い・立ち飲み・喰いカスは床に捨てる、など、まさにバルである。
 壇上さんの夢がかなったわけですね。
 これに伴い、2階はもっとレストランテ的になるのかもしれない。

 ティオ・ダンジョウ・バル
  東京都渋谷区恵比寿1-12-5 萩原ビル1F
  03-5420-0747
  14〜24/日祝休


ティオ・ダンジョウ
※クリックすると拡大表示

2006年08月08日(火) 19:28:58・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール