トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > 一億

一億

lv3.gif

東京都港区六本木4-4-5
03-3405-9891
11.20〜14/17〜25.30/不定休
3000円〜


無国籍料理。

店の移り変わりが激しい六本木で35年以上、ひっそりとファンに支えられている店。
無国籍料理も創作料理もボクはあまり好まない。でもこの店はなんだか懐かしい空気と味があってとても好き。
とはいえわりと好き嫌い分かれるタイプの店ではあるのでご注意を。


創業1970年。
まだ「無国籍料理」というジャンルがなかったころから、バラエティと工夫に富んだ無国籍なメニューを出しており、いまではポピュラーな豆腐ステーキも、この店が世界で初めて作ったメニューらしい。それなのに350円とかで出している。これも素晴らしい。

しかも添加物全盛(?)だった当時から、食材と調味料を自然のものにこだわり、化学調味料類を一切使わない健康志向。六本木らしく時代の先端を行っていたのね(ここ10年くらいでやっと周りの店が追いついた、ってこと)。

メニュー数が多くしかもユニーク。
思わす全制覇したくなるメニュー群。懐かしくて優しい味のが多い。
なんというか、高度成長期の日本の味がする。いい意味でまだ完成されていない、和と洋の間で揺れまくるあの時代の味がするのだ。

オススメは「マグロの生姜焼」と「かきめし」(冬)。
特に「マグロの生姜焼」はうまいなぁ。薄切りにしたマグロを生姜で香ばしく焼いただけのものだが、豚がマグロになっただけで、あのコクある美味さにあっさり感とマグロ独特の香り、そしてやわらかい食感が加わって、不思議な完成度を見せるのである。唐辛子と山椒がパラリと振られており、味のバランスもいい。これが実にご飯に合うので、マグロの生姜焼丼にしてもらってもおいしい(ランチメニューにもある)。

チキンカツや元祖豆腐ステーキもよい。タイカレーや洋風ギョーザも。
というか、どれもこれもちゃんと工夫されていてなかなかおいしい。昭和の味。

この店はランチもとてもいい。夜の人気メニューをそのままランチにしてくれている。
「マグロ生姜焼丼」(味の濃い味噌汁、たっぷりとしたサラダ、おいしい豆腐と漬け物の小鉢がついて880円)をはじめ、10種類ほどユニークでおいしそうなメニューが続く。

一億玄米定食(980円)、X豚生姜焼定食(980円)、一億チキンカツレツ定食(980円)、タイランドカレー(980円)、その他に日替わりでいくつか。
この一億玄米定食もとてもいい。6品ほどの小鉢に完璧な炊き加減の玄米と味噌汁。実に健康的。あぁX豚もいい。日替わりの数品もうまそうだ。ううむ…。でもまぁ、やっぱり初めてなら「マグロ生姜焼丼定食」をオススメしてしまうかなぁ。マグロと生姜焼きという組み合わせが不思議なハーモニーを奏で、六本木という、人種のるつぼのような街によく似合う丼なのである。


奥さんの接客は親密かつニコヤカでよい。
店内はウッディな山小屋風。昭和時代の学生喫茶みたいな雰囲気。テーブル上のビニールの下にメニュー写真が貼られていたり、古いポスターがいろいろ貼られていたりして多少ごちゃごちゃしているが、それも味になっている。

知ってる人には「六本木の常識」みたいに有名な店なのだが、意外と一般には知られておらず、友人に教えると必ず「こんなところにこんな面白い店が!」とびっくりしてくれる店でもある。

最初に書いたように好き嫌い分かれるだろうし、こういう店の良さを理解しない人もいるだろう。でもボクは好き。これからも長く続けて欲しいと祈っている。


1994年3月初訪問。再訪多数(特にランチ)。(上記は2005年10月の感想)。


一億
※クリックすると拡大表示

2006年09月02日(土) 11:57:18・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール