トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > カレー屋 Nagafuchi

カレー屋 Nagafuchi

lv4.gif

東京都港区西新橋3-5-1
03-5401-1271
11〜21(土は〜14)/日祝休
800円〜

カレー屋 Nagafuchi の店主、永渕恵一郎さんは2005年10月永眠されました。
アイスカレーを食べたくて何度も「今年はもう始めましたか?」と電話したりお会いしたりして親しく話してからたった1ヶ月ちょい後のことでした。
もうこの味は食べられない…。ご冥福をお祈りいたします。

【追記】
その後しばらく閉店していたが、なんと、ここのカレーが好きだった紀文の社長さんの肝いりで2006年1月17日に再開店した(!)。残されたレシピをもとに、社員の1人に再開を命じたらしい…。
ですので現在は営業中です(06年8月)
ただ、2代目店長の星野氏は永渕さんの作ったカレーを食べておらず、レシピのみからの再現なので、味は少し変わったかもしれない。


カレー。
2000年夏に築地に出来たときから愛用していたが、2004年10月から西新橋に移転した。相も変わらずおいしいカレーを出す。

築地に出来たときは開店2日目にたまたま行った。お客さんひとりひとりにニコニコと挨拶される永渕さんをよく覚えている。

超真面目な健康志向カレー屋で、ご飯は玄米を使う。その横にしゃばしゃばのインド系カレーソースがまるで池のようにたっぷり溜まっている。ボクはいつも辛口を頼むが、辛さ馴れしているボクにも相当辛く、おいしい。22種類のスパイスを上手にブレンドしてあり、香りも高く辛さも良い。ボクの好きなシャバシャバ系。具も大きく盛りだくさん。家庭の匂いとインドの匂いが両方するようなカレーである。

テーブル上にキャベツの千切りがおいてあり、それをカレーに乗せるとその食感と甘さがカレーを引き立てる。
「中栄」も同じことをやっているが、キャベツって本当にカレーに合うね。難を言えばご飯が湿っぽすぎ熱すぎる。このシャバシャバカレーに合わない気がする。大盛りも同値段。

数年前より夏季限定で「アイスカレー」を出すようになった。
これがとてもいい。「凍らせたカレーを温かいご飯に乗せて食べる」のだが、たとえて言うならキーマカレー。もしくはご飯にかけるタイプのドライカレー。ルーではなくて、個体ポロポロ系。食べた感じはルーのアイスクリームというよりは、かき氷みたいな感じ。シャリシャリなのだ。

んでもって、味もかなりユニーク。凍っているせいか、最初は舌に甘く感じるのである。その後舌の上でじんわり溶けて様々なスパイスの香りを放出する。それが何ともおいしい。

ボクは辛いのを食べると必ず汗をかくのだが、このアイスカレーは冷たくて甘めだから食べ終わっても汗が出ない。ほどよい辛さで夏バテのカラダもしゃきっとするうえに、ただでさえ酷暑で汗みどろなので「汗が出ない」のも相当うれしい。なかなかのアイデアメニューなのである。

00年11月初訪問。再訪多数。


カレー屋 Nagafuchi
※クリックすると拡大表示

2006年01月03日(火) 18:49:47・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール