トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > 新亞飯店

新亞飯店

lv3.gif

東京都港区芝大門2-3-2
03-3434-0005
11〜22/無休


上海料理・蘇州料理。
しんあはんてん。

1974年創業の、「小籠包」で超有名な老舗。
まだ小籠包の存在がメジャーになるずっと前から出していて評判をとっていた。
でもそれは、マトモな小籠包がこの店の他になかった昭和時代に得た名声。小籠包を出す店がいっぱい出来た(なにせ「鼎泰豊」の支店がいくつもある)現在食べると「とてもうまいけど、他でも味わえる味」という程度な印象。

だから「この店に来るとつい小籠包を頼んでしまう」という条件反射をある日やめてみた。
ある夜にコースを頼んでみたのである(予約して)。

驚いた。
実にうまいのである。

特に決まったコースはないらしく、予算(あの時は確か8000円くらい)を言ったら「はいはい。わかった」と素っ気無い。
不安に胃袋ドキドキさせながら店に行ったが、一品目で杞憂と分かった。ありゃ、これは…。

ヒトが言うには「戦前の上海と蘇州の料理が完全に再現されている」らしい。
もちろん戦前の上海を知らないボクにはそんなことわからないが、この店の料理の味の深さには参る。特に野菜の炒め物系。魚介の煮込み系。うまし。全体にご飯に合う味が多いので、途中からご飯をもらってぶっかけて食べたりした。

メニューなどあってなきものらしく、名前もわからない料理が次々出てくる。裏メニュー(というかその場で臨機応変に作ったものか)もいくつか出てくる。そのたびに説明はしてくれるのだが、よくわからない。でも途中からどうでもよくなった。ただ単に楽しんでしまえばいい。

だからこの店ではコースを。
メニューから「誰でも知ってるような定番中国料理」を取ることもしなくていい。きっとそれは普通だ(昼にそういうことを何回かしたが普通っぽかった)。それよりもコース。数日前に予算を言ってコースを予約することをオススメする。

ただ、コースなのに、一度にドドドドと料理がテーブル上に並ぶのだけはいただけない。
順番にキレイに出そう、みたいな発想はこの店にはないのだ。おいしい料理を出すことが一番のサービスだと心得ている感じ。

ま、うまいからいいや。

97年頃初訪問。再訪多数。


新亞飯店
※クリックすると拡大表示

2006年08月18日(金) 9:18:33・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール