トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > 永利

永利

lv4.gif

東京都豊島区池袋1-2-6ベルメゾン池袋
03-5951-0557
11〜24
無休


中国東北家郷料理。

池袋に客が中国人ばっかりの店がある、とは聞いてはいたが、ここまで中国人だらけかよ!とビックリする中国料理店。

客席数7〜80人のうち9割5分は中国人かも。
店の内装も中国の安食堂っぽくて、とにかく店に一歩踏み入れた途端「そこは中国」って感じ。みんながみんな甲高い声で話していて耳がわんわんしてくる。店員ももちろん中国人。日本語は一応通じるけど、カタコトで危なっかしい。そういう全体の雰囲気が脳を刺激し、なんつうか、店に入った時点ですでにおいしいのだ。ふた昔前の新宿「随園別館」を思い出す。

料理は「中国東北家郷料理」。
メニュー数が多くて、壁に余白がないほど貼りまくってある。帰りに出前メニューをもらって帰ってきたのだが、出前メニューだけで201番までメニューがある。つまり201種類。店長のオススメみたいな、壁に貼ってあるテンポラリーなものを入れると250くらいはメニューがあるかも。
東北地方の料理や家庭料理が中心なので知らない料理名も多く、すべてを制覇してみたくなる。だって食べた料理、どれもこれもおいしかったし。

料理の中で特に印象的だったのは「東北醤大骨」。
豚背骨のタレ煮つけであるもの。背骨がブロック丸ごとドドドンとテーブルに届く料理。そこにへばりついた肉(甘辛煮)を囓りとって食べるんだけど、めちゃうま。予備知識なく頼んだが、ふと気がつくと他のテーブルもみんなこれを頼んでるし、どうやら名物だった模様。

他にも「水煮牛肉 (牛肉スライスと野菜の辛塩煮込み)」「孜然羊肉(ラム肉のクミン辛味炒め)」「糖醋肉(ゴロゴロげんこつ豚肉の酢豚)」なんかも印象に残ってる。
ジャガイモと青唐辛子の細切り炒めやチャーシュークレープもうまかったし、普通の冷菜もなかなか。野菜系、牛肉系、鶏肉系、羊肉系、海鮮系、豆腐系など、どれもハズレなし。〆のシンプルな塩味のチャーハンや、これまたシンプルな焼きそばも妙にうまい。量も多いので4〜6人くらいで行っていろいろ頼むと天国かも。

値段ももちろん安くて、ここでひとり3000円食べるのは大変だろう。
超庶民派なので高級志向の人には合わないかもだが、池袋に行けば「中国そのもの」にありつける、というのは知ってて損なし。おいしいし安いし気楽だし楽しいし。オススメ。


2007年6月訪問。再訪一回。



拡大地図を表示


2007年08月25日(土) 18:51:49・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール