トップ > おいしい店リスト > さとなおの好きな店リスト > Amoh's Bar

Amoh's Bar

lv4.gif

東京都港区南青山5-5-20
03-3400-5531
18〜24/不定休
表参道B3出口より徒歩1分

※この店は友達の店なので、感想にバイアスがかかっています。ご注意を。


バー。
天羽(あもう)という姓のマスターがやっている店なので「アモウズ・バー」。

人生で「あったらいいな」と思っていたことのひとつに、「気の置けない友人がマスターをやっているバー」があった。

いつでも気軽に立ち寄れ、肩肘張らずに楽になれる場所。
いいところも悪いところもだいたい知られている気楽さがある場所。

もちろん、友人がマスターだからこその使いにくさもあるだろう。
見ず知らずのマスターの方が楽な夜もたくさんある。他人と話したくない夜もある。

でも、疲れた時にふと行って、いきなり「おぅ」とタメ口から始められるバーというのは、(特に中年以上の男子にとっては)とても貴重なのである。


表参道の「スパイラル」の裏手、「AVEDA」の真裏にある、カウンター8席とテーブルひとつのこの小さなバーは、ボクにとってそんな店だ。

ボクの中学高校の同期がマスターをやっている。
卒業以来あまり会っていなかったが、やっぱりあの頃の友人は有り難い。久しぶりに会ってすぐ馴染んでしまった。


マスターの天羽はもともと広告代理店で営業をやっていて、40を機に会社を辞め、あるバーで修行をし、2005年10月、ここに店を開いた。

そういう意味ではまだまだ発展途上の店ではある。
試行錯誤を続けているし、酒も料理も変化していっている最中だと思う。

極私的には大好きな店であるが、それは「気の置けない友人がマスターをやっているバー」だから、である。読んで下さっている一般の方が気に入る要素を持っているかどうか、ボクは客観的になれないのでなんとも言えない。

でも立地はとてもいいし、マスターの天羽は実にいいヤツだし(シルベスター・スタローンに顔だけ似ている)、隠れ家的に使えるいいバーだと思う。

隠れ家的というのは、つまり、入り口がとてもわかりにくいのだ。
普通の民家っぽい門を入って左奥にずぅっと入って行かないといけない。路地からは入り口すら見えない(立て看板は置いてある)。ちょっと友人の家を訪ねるような、そんなアプローチ。

中学高校時代から天羽を知っているが、彼はやさしくて熱くて信頼できる人である。
きっと、少しずつ、彼のイメージする最良のバーに成長させていくことだろう。それは保証できると思う。

ちなみに、ボクの妻がこの店のチーズ・プラトーをディレクションさせてもらっている(ギャラなし)。
一応チーズ・プロフェショナル協会の理事なので、その季節にあったいいチーズを置いているはず。気が向いたらどうぞ。


2006年5月初訪問。再訪数回。



大きな地図で見る

2006年09月03日(日) 10:03:34・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール