トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > ダン・シモンズ >

LV5「エンディミオンの覚醒」

ダン・シモンズ著/酒井昭伸訳/早川書房/3800円

エンディミオンの覚醒
amazon
二段組800ページのSF大作にして、大傑作「ハイペリオン」シリーズ全4作の完結編。

この本を読むために2カ月かけて前3作を読み直したボクは、めちゃくちゃな期待と共に「エンディミオンの覚醒」に取りかかったのである。世界観を復習し、結末を予想し、残された膨大な量の謎を推理しつつ読み始めたのだが、結果はいい方に裏切られた。なるほど!こうなるのか!の連続。推理もハズレまくり。ラストにかけてそれこそゴマンとある謎がドンドコ解かれまくるのである。めちゃめちゃ快感であった。

だが、それでもまだ謎はいくつも残されたままである。
読後すぐに、4日ほどかけて駆け足で再読してみて「あ、こんなところに伏線が!」「あ、この思わせぶりな記述はこういう意味だったのか!」みたいな発見をいくつもした。「あー、この一行はこういう意味なんだ」「注意深く前作を読み返していないとわからない読者もいるだろうな」みたいな優越感にもいろいろ浸れる。が、いまだにわからない謎がいくつも残されている。タイムパラドクスも解決されているのかいないのかわからん。うーん。なんちゅう物語なのだ。

でも、著者は本当にこの結末を最初から念頭に置いて第一作の「ハイペリオン」を書き始めたのかなぁ。だとしたら驚異の構築力 & 忍耐力 & 粘り、だ。 だって、4作で二段組2500ページあるんだよ。参ったなぁ。
ただ、正直言うと少し冗長なものも感じた。この4作目に限っては、いろんな説明や描写が多すぎて途中つらかったのも事実。宗教に踏み込んだ部分も、説明しつつ筋を進める分かなりまだるっこしかった(一茶や良寛の短歌がいっぱい出てくるのは面白かったけど)。それと、どう考えても矛盾する部分がいくつもあるのも気になるな。大著にじっくりつきあった読者としてはすべてが細部まですっきり解けてほしかったのだ。

とはいえ、圧倒的筆力とは何か、が肌で感じられる名作だ。長くSFの傑作として語り継がれることでしょう。想像力とはこういうことを言うのだね。マジで脱帽します。

2000年04月01日(土) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:SF

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール