トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 池田晶子 >

LV5「14歳からの哲学」

池田晶子著/トランスビュー/1200円

14歳からの哲学―考えるための教科書
amazon
副題が「考えるための教科書」。
池田晶子が14歳のために「考えるとは」「言葉とは」「自分とは」「死とは」「他人とは」などを対話体で一緒に考えていってくれている本。
かといって14歳を子供扱いしていない。というか充分大人向け。14歳からの、という題名のニュアンスには「14歳のころにちゃんと考えてこなかった人たちへ」という感じも含まれている気がするくらい大人向け。すべて一度はきちんと考えないといけない命題ゆえ、なんとなくここまで生きてきちゃった大人も必読だ。全体に、答えを提示するのではなく一緒に考えるカタチをとっているから思考訓練にもなる。まぁ考えること自体が哲学だから当たり前といえば当たり前だが。

第三章では「17歳からの哲学」と題してより深い問題に取り組んでいる。最後の方の「人生の意味とは」など、42歳のボクにとっても非常に刺激的な思考展開で、そこに美すら感じる。極上の音楽を聴いているような陶酔すら感じる。なんつうか、本当の意味の「説教」をされて、肌から垢がはらはらと落ちていくような爽快感。

悩み深いけど、悩みの方向性が漠然としていてわからない、みたいなわけわからないあの頃、14歳。ボクが14歳だったころ、この本があったら世界はずっとクリアだっただろうなと思う反面、こういう風に整理して説かれてしまうとあのドロドロ悩んだ自分はなかったわけでそれはそれで自分ではないのではないかという思い、そして、実際に14歳の時に読んだらわりと反発したかもという思いもある。ま、とにかく、14歳以上のすべての人間、必読。小さな思い悩みや自殺願望など、この一冊で吹き飛ぶだろう。だって生きていることそれ自体奇跡に近いことなのだから。

2003年11月01日(土) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:哲学・精神世界

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール