湯を沸かすほどの熱い愛に湯を沸かすほど沸かされた

2017年3月20日(月) 10:43:07

yuwowakasu_yoko.jpg


去年10月29日公開の映画なので、いまさらなんですけどね。

昨日、インドに行くべく、国際線でJALに乗ったわけですよ(ま、インドの話はおいおい書くとして)。

デリーまで約10時間。
機内は見逃した映画にキャッチアップする時間。

で、1本目を、いろいろ迷った挙げ句『湯を沸かすほどの熱い愛』にしたですね。友人が大絶賛してたので。

その次は何観ようかなぁ、最近の邦画は出来が良いので『聖の青春』(原作読んだし)にしようかなぁ、とか、観る前は思ってた。

でも、1本目を見終わったが最後、もう他の映画に行くことが出来ず、3回連続で観てしまったw

6時間強、心の湯を沸かし続けてしまった。

『ラ・ラ・ランド』がいまひとつピンと来ずもやもやした "人でなし" ですがw、『湯を沸かすほどの熱い愛』にはやられてしまった。

この映画、いったい何ですか?
もう涙も涸れ果てたよ。

主人公(宮沢りえ)は強そうに見えて普通に弱い。
でも、ある日倒れて余命を知り、営業中止になった風呂屋の誰も温めてくれない冷たい風呂桶の中で(象徴的場面)、ひとり涙に暮れたあと、静かに周りの人のための「薪火」を燃やし出す。

(風呂屋を再開するのも、その火に「薪をくべる」のがダメ夫であるオダギリジョーであるのも象徴的だ)。

「薪火」が燃えているのは風呂で温まっている人からは見えない。
彼女もそれを見せない。

でも、その「薪火」は周りの人々の「冷え切った心」を徐々に温めていく(みんながみんな辛すぎることを静かに抱えている)。

最終的にその「薪火」による熱い湯で芯から温まったのは、血の繋がってないたった5人。

たった5人である。
そういう意味で、世界を救うヒーローでも世の中を変えるヒロインでも何でもない。市井の人の、誰も意に介さない「熱」であり、「死」だ。

でも身近な人にその「熱」がずっと残る。
芯から温まったその「熱」がずっと残る。

そして、その熱は必ずいつか他に伝わり、他を温めていくのだろう。

そこにこそ、生をつなげる意味がある。

不特定な「多数」でなく、身近にいる「少数」をしっかり温める。お風呂を出てからもぬくぬくするくらい、しっかり温める。

人生ってそれで十分だし、そんなに尊いことが他にあるだろうか。

自分の中の「薪火」の状態と、その目的を、いちいち確認させられる映画だった。


余命がどうとかって、もう描き尽くされた題材だ。
でも、ボクが観たいままでの「余命もの」の中でトップかもしれない。

これが商業映画監督デビューだという中野量太監督の力量と、彼の心の中の「薪火」に賛辞を贈りたい。

(あえて言うなら、1カ所、主人公が母親に会いに行く場面のガラスが割れるシーン、弱り切った彼女の一投の演出だけ不満。あそこに突然の渾身感と、笑いを呼ぶくらいな「ブンッ!」的SEが欲しかった)

帰りの便でも、もう一回、観たいな。
というか、「この映画を応援するために」ブルーレイ、買おう。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事