">

ずっと捨てられなかった漫画

2013年2月 5日(火) 19:03:58

ずっと捨てられなかった漫画がある。

白山宣之という人の『陽子のいる風景』という30ページほどの短編。

単行本ではない。
20年ほど前の漫画誌「週刊モーニング」に単発で掲出されただけのもの(調べたら1992年9月12日号だった)。

一読、魅せられた。
なんとも言えぬ余韻。端正に過ぎる時間。間。風。光。

人の内面を直接的に表現せず、会話も最小限に抑え、時間を丹念に丹念に切り取ることでそれを描ききる。そんな遠回しな表現が作り出す “奥行き” が、騒がしいコミック誌の中で異彩を放っていた。

なにか事件が起こるわけでもない。普通の夏の一日が始まり、終わる。それだけ。
なのに感動し、反芻し、何度も何度も読み返した。小津安二郎の世界を漫画で表現したらこうなるんだ、と、感嘆した。

絵も異様にうまい。
ひとつひとつのコマを “鑑賞”して見飽きない。たった30ページなのに数十分眺めている。こんな漫画も珍しい。

1992年の9月に阪急苦楽園口の売店で買った週刊モーニング。
この号だけ捨てられなくなった。

それから20年、引越は3回しているし、断捨離も幾度もしている。

でもこれだけは捨てなかった。
何度目かの断捨離のとき、思い切ってモーニングの本体は捨てたが、写真のとおり、この短編だけは切り抜いて保存した。そのくらい好きな漫画だった。

もちろん「白山宣之」という漫画家のことは探した。
でも単行本は(当時ボクが知る限り)出していなかった。だからそれ以来、彼の作品に出会えず、そのうち忘れ、たまに納戸を整理するときに「あー、この漫画、好きだったよなー」と再読するくらいになった。

数日前、週刊文春のいしかわじゅんさんのコラムを読んでいて、この白山宣之という四文字に再会した。

思いがけない再会。
一瞬わからなかった。愛する『陽子のいる風景』の漫画家さんだと思い出すまで数秒かかった。

なんと去年亡くなったという。

彼のコラムは、この寡作な漫画家、白山宣之を惜しんでいた。

あー、亡くなったのかー。
こんな大名作を書いてくれたのに、ほとんど知られず、そっと亡くなったんだなぁ。。。

そのコラムによって、彼の才能を惜しむ漫画家たちの発案で遺作集が出たことを知った。

「地上の記憶」

愛する『陽子のいる風景』も冒頭に収録されている。

すぐ買った。判型の関係で、少し小さくなった陽子がいた。相変わらず瑞々しかった。

単行本は手に入れたけど、ボクはこの切り抜きを捨てないだろう。

20年、いっしょに黄ばんだ。
そこには年月という時間の澱が静かに定着している。

そしてそれは、白山宣之が描きたかったことに、たぶんとても近いから。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事