">

中村勘三郎さんを失ったことは喪失というより “災害” に近い

2012年12月 9日(日) 23:28:39

今週の12月5日に57歳で亡くなった十八代目中村勘三郎さん。

今日の日曜日、なぜかNHK系が力を入れた特集をいくつもやっていた。

昼間のNHKの3時間特集は、過去の「こんぴら歌舞伎特集」や彼主演の大河ドラマ「元禄繚乱」をノーカットで流したりして圧巻だった。その後、BSプレミアムでは「中村勘三郎と仲間たち」、Eテレでは「一八世中村勘三郎の至芸」として「梅雨小袖昔八丈」「春興鏡獅子」をたった今やっている。

見れば見るほどすごい。
生きている彼の舞台を、もっともっと見るべきだったと後悔してももう遅い。

この努力、この愛嬌、この奔放。

野田秀樹がある新聞に書いていた。

「歌舞伎界だけじゃなくて演劇界にとって、彼を失ったことは、ただ喪失じゃすまないな。被害というか損害というか、災害に近いような、そんな気がしますね。」

この言葉がすべてである。

そう、彼を57歳で失ったことは、“災害” に近い。
そして、この大きな “災害” を目の当たりにして呆然としている人の多いこと。

縁遠いボクですらそんな気持ちである。
歌舞伎関係者、演劇関係者、彼を心から愛した観客たち、彼に関わったすべての方々のお気持ちはいかばかりだろうか。


彼の舞台をテレビで観ながら、ボクは「亡くしたら “災害” に近い他の人々」のことにも想いを巡らせていた。

普段はみんな元気に活躍している。
でも、いつか忘れた頃に “災害” はやってくる。その日が来る前に。もっと見なくちゃ。もっと触れなくちゃ。もっと伝えなくちゃ。

そんなことを思う夜です。おやすみなさい。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事