ルジマトフのオーラ爆発「バレエの神髄」

2011年7月15日(金) 17:35:59

3日前だったかな。バレエを観てきた。あぁ発散したw

ご存じの通りのバレエ好きである。雑誌に寄稿したり連載を持っていたりしたくらいである。まぁ原稿を頼まれる理由が「この年代の男で、かつ素人で、定期的にバレエを観ている人は珍しい」というものだったりするのだけど、でもまぁ好きなんだから仕方ない。

きっかけはモスクワでボリショイバレエを一週間連続で観てひっくり返ったこと。
そしてボリショイで外国人唯一の第一ソロダンサー岩田守弘くんと親友なこと。
あっという間にはまり、いいバレエ公演があると、なるべく見に行く習慣がついている。

今回はルジマトフのオーラ爆発「バレエの神髄」。
岩田くんが出演する!ということで観に行ったのだが、出演者がそれぞれとてもよく、堪能した。

というか、ルジマトフすげえ。
シャコンヌとボレロとカルメン組曲の3つを踊った。体力あるなぁ。どれもこれもすごい出来。今回調子よかったんじゃないかな。素晴らしかった。

あと、岩田くんはさすがに安定感。もう軸の太さが違うので安心して観ていられる。
彼のブログで「来期でのボリショイ引退」を発表していて悲しかったけど、でも、こうして間近で彼を観られて本当にうれしい。今回の来日中は何回一緒にご飯行けるかな(←行けるのか、オレ)

それと、「瀕死の白鳥」を踊った白河直子。サイコー。
フィリピエワはもちろんよかったのだが、ナタリヤ・マツァークが意外と良かった。マツァークってまた観てみたい。

意外なところではアントーニチェワが出てたなぁ。モスクワで彼女のドンキを観たことがあるが、なんか雑でボクには合わなかった。今回も印象はいまひとつ。でもまだボリショイにいるんだなぁ。

男性陣ではコルプやシドルスキーも良かったが、なんといってもルジマトフ。
いままですこーし斜めに観ていてごめんなさい。最高だった。

さて、来週からはABT(アメリカン・バレエ・シアター)がやってくる。仕事の合間の3時間の息抜き。いまから楽しみ♪

最後に備忘録的に演目を。

「バレエの神髄 2011」

第1部
「マルキタンカ」より パ・ド・シス
 エレーナ・フィリピエワ
 セルギイ・シドルスキー

「瀕死の白鳥」
 白河直子

「ライモンダ」第2幕よりアダージョ
 アンナ・アントーニチェワ
 ルスラン・スクヴォルツォフ

「ラ・シルフィード」よりパ・ド・ドゥ
 カテリーナ・ハニュコワ
 岩田守弘

「シャコンヌ」
 ファルフ・ルジマトフ

第2部
「バヤデルカ」第2幕よりパ・ダクシオン
 ナタリヤ・マツァーク
 セルギイ・シドルスキー

「扉」
 イーゴリ・コルプ

「白鳥の湖」より 黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ
 アンナ・アントーニチェワ
 ルスラン・スクヴォルツォフ

「ボレロ」
 ファルフ・ルジマトフ

第3部
「カルメン組曲」
 エレーナ・フィリピエワ
 ファルフ・ルジマトフ
 イーゴリ・コルプ、セルギイ・シドルスキー
 田北志のぶ他

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事