ワンちゃんぽん

2011年5月24日(火) 7:43:36

先週、高校2年生のムスメが修学旅行に行ってきた。

行き先は長崎。
阿蘇〜熊本〜雲仙〜長崎、というルートである。名所を回るほか、温泉入ったり、イルカ・ウォッチングしたり、なかなか楽しかったようである。

ボクの修学旅行(いまから33年前)は京都だった。
その2日目だったか3日目だったかに選択コースがあり、ボクは「産業コース」を選んだ。有名古寺を巡るコースとか幕末を巡るコースなどに比べて圧倒的に不人気なコース。十人くらいしか集まらなかった。そりゃつまらなそうだもん。産業とか学びたくないし。

というか、古寺仏閣少年だったボクは(朱印を集めてたりw)、京都奈良はわりと行っていた。有名古寺仏閣になんかいまさら行きたくなかった。しかも幕末マニア。初心者向けのような幕末コースもとてもつまらない。

そうやって消去していくと「産業コース」が残ったわけですね。
まぁどうせ行くなら「めったに行けないコース」を選びたかったし。少人数の方が楽しいし。基本的に天の邪鬼だし。

結果、このコースは大正解だった。
神護寺〜高山寺を回ってから、北山杉の加工現場を見たり、西陣織や京友禅の工場を見たりした。少人数だったのと、教えてくれる工場の人も熱心だったこともあり、妙に印象に残っている。実際に勉強になったなぁ。人の家の座敷とかで北山杉の床柱とか見ると今でも「これはね、模様のつけ方があってね」とか解説したりするw

たしか、ループスの斉藤徹(同高校同学年)も同じコースじゃなかったかな。ふたりともひねくれていたw

写真はムスメからの修学旅行お土産。
愛犬用の「ちゃんぽん」である。馬肉入り。葛麺・国産野菜使用。ゼイタク品だw なかなかいいアイデア。犬飼っている家は思わず買っちゃうよね。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事