ボクたちはその萌芽の最初期に生きている

2011年1月 9日(日) 18:52:12

「ソーシャルメディアが大きく変えてしまうもの」という記事にはたくさんの反応をいただいた。
お茶の間で家族に共有されていたもの。それが家族と代わる新しい「つながり」に共有されていく流れ。広告コミュニケーション的にも大きく根本的な変革であるが、これはもっとたくさんのものを変えてしまうかもしれない。

極端に言ったら「国」を変える。
なぜなら、家族とは「国」という組織の最小単位だからである。国があり、県や州があり、街があり村があり、そして家族がある。国家はそうやって組織づくられ、統率されている。つまり、家族が集まり情報を共有する仕組みが崩れることは、国家のありようが根底から揺らぐことに近い。

そしてそれが人と人との新しい「つながり」に再編成され、しかもそれがネットという距離と時間を超えるインフラを通してであるとき、もうそこには国境はもちろん地域差も年齢差もない。国家という意識を持つことすら難しくなる。ただ純粋に「共感」があるだけである。それは例えばいまアートを通して得られているものに近い。芸術作品に触れるとき、人は国家も民族も超えて「共感」でつながる。それに近い感覚をベースに再編成されることになる。

家族でも地域でも国家でもない、新しく編成された「共感によるつながり」。
これを「知縁」と呼ぶならば、これは一周回って「血縁」や「地縁」を復活させるだろう。一度壊れた縁が、「つながり」によって再生されるだろう。そして、そうなってはじめて、村上春樹が言うところの「システム」に対抗できる力を持つのだと思う。

ボクはこう見えて慎重な方なので、手放しでソーシャルメディアを賞賛することはしない。
でも、この流れの数十年先に、「共感」や「つながり」を元にした、いま想像すらしていない「再編成」が起こり、世界のあり方をいい方に根本から変えてしまうような予感に震えてはいる。それはきっと今日よりいい明日だ。You may say I'm a dreamer. But I'm not the only one.

ボクたちはその萌芽の最初期に生きている。
なんて光栄な時代に生きているのだろう。まだまだ柔らかく壊れやすいこの小さな芽をつぶさず大切に育てて次につなげる。そんな時代に居合わせたシアワセを喜びたい。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事